初のスマートフォンであるIS11CAを持って早1年半。
ホームアプリを自由に変える事が出来るのがAndroid機の強みですが
個人的には「サクサク動いて、下部に常時アイコンが置ければいい」という理由で
「Zeam Launcher」を導入してずっと使ってきました。
過去記事はこちら

しかしここ最近、Zeam Launcherはアップデート頻度が極端に遅くなり、
ホーム画面に戻る際に10秒ぐらいブラックアウト、その後に復帰ということが
とても多くなった。

このスマートフォンのメモリの少なさに起因するものかなあ、と思ってましたが
アップデートが止まってる、という事になんだか不信感が出てきまして
最近、よく名前を聞くようになった「Lightning Launcher」に乗り換えてみました。

[browsershot url=”https://play.google.com/store/apps/details?id=net.pierrox.lightning_launcher&hl=ja” width=”530″]

Zeamと違って「日本語ローカライズ」に対応している所が嬉しいですね。
(実際は別途日本語パックをインストール後、アプリ再起動が必要です)

下部にアイコン置く機能は「アイコンのピン止め」で対応可能ですし
なんといってもスクリーンが上下左右に配置可能であったり
各アイコンの大きさ変更や回転まで出来るカスタマイズ性の高さもいいですね。

Zeamはアイコンをフォルダ分けした場合、フォルダ内のアプリを起動したら
フォルダが開きっぱなしだったのですけど、このアプリは
フォルダの挙動まで設定できたりします。

しかもウィジェットまでなぜかフォルダ内に配置できたりしますw
広告も出ないアプリでここまで出来るのもなかなか珍しいのでは。

これに変えてからはブラックアウトもなくなりました。
当分はこいつを使ってみようかと思います。