ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

簡単に手に入りそうな物が手に入らない現実

January 20 2014

久しぶりに10時間ぐらい眠ることが出来て昼過ぎに家を出た。
二日前から懸念してたのが「どうやってタイヤ2本を車なしで調達するか」という
けっこうな大問題だったのだけれども、
幸いにも近くに住む友人が快く車を貸してくれる事になったので
まずはバスに乗って車を取りに行くことに。

車を借りて家に戻り、ジャッキアップしたままの愛車からタイヤを取り外す。
この作業を娘と共に行ったのだけれども、娘にとっては新鮮だったようで
「くるくるやりたいー!」と十字レンチでボルトを外してくれました。

あとは必死で作業している僕をスマホで撮影しまくるという行動に(笑)

必死でタイヤを外すGaku@管理人(3歳娘撮影)

必死でタイヤを外すGaku@管理人(3歳娘撮影)

借りた車にタイヤ2本積み込み、「あたしもいくー!」となぜかゴキゲンな娘を連れて
カー用品店に向かった、のだけれども・・・・

185/70/14というサイズのこのタイヤがどこもかしこも在庫がないのである。
名前はあえて出さないが、ある所は
「ああ。このサイズをバラ売りしてるとこなんてないっすよ。セットならともかく(鼻笑)」
なんていう、とってもカンに触る言い方しやがりまして
「じゃあセットやったらなんぼじゃ。お前のとこでは買わんけどな」と
こちらもほんの少しだけ威圧的になったりする場面も。

まさか「世界のカローラ」に装着されてるタイヤが入手難しいなんて思いもしませんわ。

しかし、こいつあ困った。今日中にタイヤを入手しないと全てが立ちゆかなくなる。
そこでふと看板を見て入ってみたのがT-Craftという中古タイヤ販売店。
このサイトの前時代的な感じと言い、rink.htmlという「あっちゃー」と思える
ヤンキー英会話能力感満載のお店だったけども、
スタッフのお兄ちゃんがとても良い感じの応対で
「あー、ちょうどええのがありますわー」とBRIDGESTONEのタイヤを出してくれた。

いま装着されているバーストしたタイヤよりも溝が多く残っていて
なんとはめ込み、バランス調整込みで1本4000円でいいとの事。
しかもホイールのゆがみもサービスで治してくれました。
看板見てハンドル切っただけなのに、まさしく運命的な出会いです。

家に戻り、タイヤを装着して走行テスト。
ハンドル離してもちゃんとまっすぐ進んだのでひとまず安心。
アライメントとか見てもらった方がいいとは思うけど、今日はここまで。

なんとか愛車は動く様になりました。
色んな人達の助けで生かされてるんだな、とまさに実感した1日なのでした。

| Posted in 車関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31