ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

ASUS MeMO Pad 7を触った日

July 10 2015

二ヶ月ぶりの美容院に行って髪をすっきりとして帰宅。
家に帰るとASUS MeMO Pad7が届いてました。
とはいえこれは自分の物ではなくて、友人が買った物の送付先を自分の家にしてた物。

2015-07-10 21.29.09

我が家にはiPad miniがあるので7インチのタブレットは触った事があるのだけども
Androidタブレットを触るのは初めてでした。
友人から頼まれてたセットアップを開始するためにまずは起動してみる。

裏面はこう。

2015-07-10 23.41.18

185センチの自分がやっと片手で持てるほどの大きさ。
裏面はザラザラの加工がしてあり、iPadみたいに滑って落下という事がなさそう。

まずは早速root化にチャレンジしてみる。
届いたブツのファームウェアが最新のものではなく、root可能なJP_V11.8.3.26だったのは
これ幸いとばかりに、ツールを使ってあっという間にroot化完了。
詳しくはこちらのブログに書いてありました。

http://www.umecchi.net/others/me572cl_root/

Android端末の方が使い慣れてるので、正直自分でも欲しくなりました(笑)
しかし、この7インチの端末をしばらく触った後に自分のXPERIA ULに戻ると
ものすごく小さく感じてしまいます。
iPad miniいじっててもこの違和感はなかったのですけど、やっぱ使い慣れてるUIだから
そういう風に感じてしまうんでしょうね。

Xperia Z Ultra(6.4インチのファブレット)を使った人が
「もうこれ以上小さいのには戻れない」という気持ちになるのもわかった気がしました。

とはいえ、やっぱり自分がタブレットを持つならiPadかな・・・
音楽系アプリ、そして入出力インターフェイスの充実度と、自分の用途を考えると
やっぱりAndroidのタブレットでは少し頼りないです。

大きい12.9インチのiPad Proの発売も噂されてますがどうなんでしょうねえ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150710-00000058-zdn_n-sci

12.9インチの“iPad Pro”が、シャープ製ディスプレイを搭載して年内(または遅くとも2016年)に登場する――海外ゲーム系ブログメディアG for Gamesが台湾の業界関係者の話として伝えている。

記事によれば、従来から登場がうわさされている大型iPadのディスプレイ供給元は主にシャープと韓国Samsung Electronicsの2社に決定したという。このうちシャープが初期生産分のディスプレイ製造を担当し、後からSamsung製が加わる――と予測し ている。

シャープは6月に試作品を納入し、Appleの品質基準を満たしたという。その他の候補として考えられていた韓国LG Electornicsは歩留まりの問題から3番手になったそうだ。iPad Proのディスプレイ解像度は2732×2048ピクセル(密度はiPad Airと同じ264ppi)になるだろう、といううわさもある。

| Posted in Android・iPhone関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Feb 2017 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31