ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

久しぶりの奈良へ ― 時を止めた建物に惹かれるのはなぜ

July 12 2015

本日は本当に久しぶりのBrown Sugarさんにギタリストとして参加でした。
奈良ロイヤルホテルで行われたイベントでの演奏。

ちょっと早めに現地に着いたのだけど、ちょいと道を間違えてしまって
バイパスの下をくぐってUターンする道を選んだ所、
ふいに左側に現れたのが朽ち果てた感じのボーリング場。

2015-07-12 14.45.37

思わず車を脇に止めて写真を撮影。
本当は近くに行きたかったけど、ゲートがしっかり閉まっており近づけませんでした。

2015-07-12 14.45.50

ネットで検索してみるとこのボーリング場「アスカボウル」は
2011年6月30日に閉店したという事。
もしかしたらこの看板に書いてある「アスカ倶楽部」というプールバーは
今でも営業しているのかも知れません。(敷地内に軽自動車が止まっているので)

内部の写真がたくさんあるブログはこちら。
http://hakkaku-culture.info/webmagazine/000364.php

内部写真から見るに恐らくコンピュータ制御ではなく手書きで点数を付けるシステム。
そういえば昔、親父に点数の書き方を教えてもらった想い出が。
スペアとストライクの計算、そしてラスト10投目の計算の仕方のややこしさを
ふっと思い出してしまった。
今では自動計算が主なのでもしかしたら計算方法すら知らないまま遊んでいる人が
多いのかもしれません。

時を止めてしまい、ただ朽ち果てていくのを待つだけの建物というのは
近づくだけでなにか神秘的な物を感じてしまいます。
様々な理由で閉鎖するしかなくなった時の事情、そしてそのまま放置されている事情、
さまざまな思惑が絡み合う現実と共に、賑わっていた頃の幻がリンクしてしまう
あの独特な空気は何とも言えません。

ここに10分ぐらい佇んで奈良ロイヤルホテルに移動。

本日は2ステージありましたが、その2ステージ目の途中から
急にギターアンプにトラブルが発生。
音が途切れ途切れになってしまうハプニングに見舞われてしまいました。
なんとか最後まで音は出てくれたものの、せっかく呼んで頂いたのに
こういう結果になってしまい、本当にふがいない気持ちでいっぱいに。

帰り道はこれまた久しぶりの国道163号線経由でドライブを堪能。
途中、思い立って国道168号線に進路を変更してみましたが、
気づけば京阪枚方駅前に出てきてしまいました(笑)

こういうルートを走った事がなかったのでかなり新鮮。
ま、淀川にさえたどり着けばあとはどうとでもなりますw

そういえば奈良には昔、ドリームランドという遊園地がありました。
幼い頃たった一度だけ行った事がありますが2006年に閉鎖。
そして跡地の買い手がつかないまま、入札もゼロだったという事で
現在もそのまま放置されているとの事。

廃虚の「ドリームランド跡地」、奈良市の公売に入札ゼロ
http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/141111/cpd1411111147010-n1.htm

テーマパークの先駆けとして誕生したものの、平成18年に閉園した奈良市の「奈良ドリームランド」跡地(約30ヘク タール)が11日、税金滞納による差し押さえ物件として奈良市による公売にかけられたが入札がなく、不成立となった。市は価格などを再検討し、半年後にも 再び公売にかける方針。

 市は最低入札価格を7億3千万と掲示。土地単価は1平方メートルあたり2433円で、近隣と比べ“破格”の安さ だ。しかし阪神甲子園球場8個分に相当する広大な土地には厳重な建築規制があるうえ、遊具や建物のほとんどが放置されたままのため、撤去だけでも相当な費 用が必要なことなどが敬遠されたとみられる。

時の流れは無情、しかしその中で懸命に生きるしかないのも人間の宿命なわけで。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31