ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 育児

春風 ― 川遊びにはまだ少し水は冷たい

日曜日、良い天気。 そしてどこにも出かける予定がないという子供達にはとても耐えがたいスケジュール。 「せっかくやしおにぎりとカセットコンロとカップラーメン持ってどっかで食べよっか」と提案。 家から10分ほどの河原にやってきました。 折りたたみ式の簡易テーブルとパラソル、カセットコンロと水の入ったやかんを持って(笑) 水に足を付けてみるとやっぱりまだ少しだけ水が冷たい。 しかしここの川の「石渡りの冒険」が楽しかった二人に付き合わなきゃならない。 ヒザまで水に浸かりながら子供らを運んでると凍えそうでしたw 川遊び再び ― 焼き付けておきたい風景達 また夏になるとここに来る事になるんやな、と思いつつ、いつまでここに入れるのかなあとも。 安威川ダムの建設が進むにつれて、あちこちの旧道が閉鎖されていく……(続きを読む)

シルバニアファミリーに触れた日

おもちゃのお家といえば「こえだちゃんと木のお家」ですわねやっぱり。 僕が小さい頃、家にもありましたよ。初代が。 時は巡って今我が家には現行型があります。 しかし、これは4年前に娘のプレゼントに買ったものでして、今では押し入れで眠っています(笑) こういうミニチュアのお家と人形、といえばあれがありますわね。 そう、シルバニアファミリーが。 1985年に発売されたらしくてそれなりの歴史があるみたい。 で、これを某ヴォーカリストの先輩に「もう娘も遊ばんようになったしあげるわー」と2つのお家をもらいまして。 それプラス、メルカリでもう一つをゲット。 合計3つのお家が我が家の一角を占拠しており、娘がそれなりにいじって遊んでいます。 お小遣いを貯めてパーツを買い足したりもしてるみたいですが、自分は遠巻き……(続きを読む)

水炊 ― 卒業式でお休みという日

今日は月曜日って事で普通なら学校があるのだけど卒業式なので1年生はお休み。 家に姉がいるのになんで自分が保育園に行かなきゃならん、とスネ気味の長男もお休みにした。 保育園ってのは家に親がいると本当は自宅で保育せんとならんのでこれは正解なんですけども。 自分は今日は夜から仕事なので、午前中は子供らと一緒。 さてどっかに出かけようかと思ってたのにあいにくの雨。 なので午前中は自宅でゲームなどをしてゴロゴロ過ごしたのだけれども、それで満足出来るわけがないですわねお子様が。 なので昼食がてらイオンモールで茶を濁す事にする。 ちょうど長男が「スーパー戦隊データカードダス」にハマりつつあるのでそれをしたいと。 ・・・・カード40枚近く集めた仮面ライダーガンバライジングはもうええんかい・・・・ さて、スー……(続きを読む)

7回目のおひな祭り

もう7回目の桃の節句って事にびっくりする親父。 そりゃ大きくなりますわね。 まだまだ娘は自分と口をきいてくれるだけマシですけども(笑) 最近では仲良しの男の子のお家に行ったりとかその子が遊びに来たりとかが増えて、女の子のお友達が全然こなくなった事を少し心配しております。 女子は高学年になるに従ってグループが形成されていく、ってのは自分も見てきた故に。 男女、そして人種分け隔てなく誰とでも仲良く遊んで、そして人に優しくあって欲しいと思うのは親の我が儘かな。 もちろん、自分もそうありたいと常に願ってはいます。 ここ最近、よく注意するのは 「お友達が遊びに来て帰る際はちゃんと玄関まで見送らんかい」という事。 例えば一緒にテレビ見たり、ゲームしてたりするのは良いけどお友達が帰る時はそれを一旦中断せん……(続きを読む)

久しぶりのお泊まりナイトが開催。だがしかし!やってきたのは・・

黙々と仕事をこなしていると長女が帰宅。 何やらお友達が泊まりに来る、との事。 我が家はこういうのは大歓迎という姿勢で運営されておるので「よいよー」と快諾。 前はいつだっけか。確か卒園式の日にそのまま流れ込んだような。 一区切り ― 長女が保育園を卒園、そしてお泊まりナイト そうそうこれこれ。あの時は合計5人。賑やかで楽しかったなあ。 「で、誰が泊まりにくるのん?」 「○○くん」 「ふむ。えっ。」 男の子が来るんかいw お父ちゃんちょいと複雑ですん。 まあ、でも小学1年生ですからな。カワイイもんだと考えたらよいかなまだ。 「ちゃんとご飯5人分作ってね」とクギを刺す辺り、しっかりしてきよったなと思いつつもちょっとしたパーティーナイト気分でメシの支度をば。 ○○君はビールとお菓子を差し入れに持って……(続きを読む)

調理 ― 長男、初めての料理にトライする

我が家は自分も嫁さんも共に料理をするので子供らの認識としては「女性担当」という概念はないようで。 長女は5歳の頃から「料理のお手伝い」に興味を示し始めていました。 子供用の包丁も購入して、度々色んな料理を教えてきたので今では肉じゃがぐらいなら1人で作れるように。 包丁をいつから持たせるか ― りょうりのおてつだい それこそ最近のこのブログの記事を埋めている「市販鍋つゆ」などを使うと、最初から最後まで仕上げてくれるように。 そういえば今でも家庭科って5年生からなんでしょうか。 初めてご飯と味噌汁を授業で作るのが5年生からってちょっと遅すぎる気もしますな。 さて、長男も5歳になったって事でそろそろ調理にも参加してもらいましょう。 習い事も大事だけど「生活スキル」ってのを男女関係なく身につけてもら……(続きを読む)

 

« Mar 2019 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30