ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Category Archives: 日々雑記

学習 ― スマイルゼミのタブレット学習をはじめました

新型コロナウィルスによる休校が急に決まってしまい、子供らは長い春休みに。 これはこの先、どうなるのかわからんのですが、さあこれは困ったぞと。 一応、学童保育として受け入れてくれるものの結局はお弁当を持たさないとダメですし、その受け入れシステムはやっぱり本当に困っている人達が使うべきだろう、と。 幸い、我が家は当方が夜型で動く業務体系なので、妻とは入れ違いでなんとかなる。 しかし、やっぱり遊びに連れて出るわけにはいきませんわね。 なんせ今は何をやったらアカンのかすらはっきりしとらんわけですし。 かといって家でゲームやYoutube三昧ってのも、なんかちゃう。 参考書を買って与えたとしても、まあやりませんわな。 自分が子供だった頃の事を思い返してみても(笑) そんなわけで、ゲーム的に勉強をこなせ……(続きを読む)

12 ― 「狭心症:横紋筋融解症」 人生初の栄養相談へ

心臓の病気っつーのはどうやら血液の状態をきっちりとケアせんといかんらしい。 それは今回の手術~入院でよくわかったのだけど、いわゆるコレステロール値ですなまずは。 それを下げるための薬によって横紋筋融解症という副作用になってしもたわけですが、 違う薬を飲め、と言われてもまたあんなひどい目にはあいたくない。 じゃあ生活習慣~食事でなんとかせにゃならん、という事で病院の栄養相談を受けてくれ、と。 で、本日。病院に行ってきたわけです。 まずは今の血液の状態を見ながら、色々と尋問されるわけですよ。 幸い、中性脂肪値とLDLコレステロール値が前回は若干オーバー気味という結果だったんだが、 ここで意外な事実が発覚する。 なんと、心臓の痛みを覚えて救急外来に行った際、この2つは正常値だったという事。 それ以……(続きを読む)

11 ― 「狭心症:横紋筋融解症」 退院以来の外来受診、そして血液は

退院後、初めての外来受診。 1週間ぶりに訪れた病院なのに、なんだかとても遠い昔の事だったように思える。 予約表には心電図、としか書かれてなかったのがちょいと疑問。 そもそも退院する際の基準にしたのは血液検査のCRP値だったので、ここで血液検査ないとおかしいやろ。 循環器科の窓口に行くと「まず血液検査と心電図を」と言われて納得。 そりゃあそうよな(笑) 久しぶりの先生との対面。 心臓よりもまず足の具合はどうですか、と聞かれるのがちょいとおかしい。 これは処方箋に書かれていた方の検査結果なのだけども、CRPの値は0.15! 他も概ね基準値に収まっていたので、これであの薬の副作用だった横紋筋融解症は完治、という事になる。 しかし中性脂肪値と悪玉コレステロール値が若干基準をオーバーしているらしい。 ……(続きを読む)

道路 ― 20年ぶりぐらいに国道1号線で京都へ向かった日

午前中に心斎橋ロックンルージュにちょっとした用事があったのでまずは南下。 そして、次の約束が14時に京都って事やったのですこし考える。 いつもだとそのまま新御堂筋から吹田IC経由で京都へ移動するのだが、それだと時間余りまくる。 かといって第二京阪は料金が高え、という認識があるしそれも却下。 よっしゃ、じゃあ久しぶりに国道1号線を走ってみよう、かと。 淀川より北に住んで長いので、このルートはヘタすると運送の仕事をやっていた時以来20年ぶりかも。 堺筋を北上して、城北公園通経由で1号線というルートをチョイスする。 天六の交差点なんてそれこそ久しぶりに来たが、風景が変わりすぎていてびびる。 思い出の中ではまだ市電の線路が、あちこちからのぞいてた頃ですし(笑) この交差点、遙か昔は「天六ゴーストップ……(続きを読む)

10 ― 「狭心症:横紋筋融解症」 そして退院へ

6時に強制的に部屋の灯りがつく。 検温や血圧など病室が騒がしくなる。 もうなんの検査もないので気持ちはとても楽である。 身体には点滴もなにも刺さっていないので身動きも自由。 朝食を食べて、薬を飲む。 この薬はずっと飲み続けなければならないらしい。 若い時、常に薬を持ち歩かなきゃならないっていうのはなんて面倒な・・・って思っていたが、もう自分もそういう年齢になってしまったという事か。 FacebookやLINE経由で、同級生からたくさん「大丈夫か?」とメッセージをもらったせいか、やたらその時の事を考えたり話したりした。 色んな映像が頭に浮かび、色んな話を思い出す。 当時はわからなかったけども、きっとあの頃は時間なんて無限にあると思っていたはず。 何か1つでも形になったのだろうか、という事も考え……(続きを読む)

09 ― 「狭心症:横紋筋融解症」 CRP値と実際の痛みがクロスするバランス

今日は月曜日。 カテーテル検査・手術からちょうど1週間って事になる。 この1週間、まさかの心臓の血管の詰まりからのこんな展開になるなんて誰が予想したろう。 狭心症、心筋梗塞、カテーテル、スタチン系、横紋筋融解症、CRP、そんなキーワードがこの「ハナモゲラボ」に並ぶ事になるなんて(笑) それと同時に己の身体が確実にヘタっていってるという現実。 でも、この新しいキーワード達と真剣に向き合わなければならぬ。 なぜなら、これは今自分の身体に起こっている事そのものだから、だ。 今日の朝の血液検査の結果、CRP(C反応性蛋白)の値がいよいよ、1.9にまで下がったらしい。 看護師さんに後学の為に実際のデータを見せてもらうと、再入院してきた日には9.6あった、と。 ちなみに10を超えると、臨床的になんぞおか……(続きを読む)

 

« May 2020 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30