ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

君はお米を捨てる事ができるか?- 古米の扱いに四苦八苦

August 28 2013

最近、仕事先で仲良くしてる人からお米をもらう事が多いのだけれども
これが若干古いせいなのかけっこう臭かったりする。
これがカビてる、とか変な味がしてるとかならともかく
ただ単に臭い、という状況なので非常に困っているのである。

小さい頃から、米の一粒すら残すと怒られるという躾を受けたために
たとえ古かろうが臭かろうが「捨てる」という選択肢を取ることが出来ない。
これは本当に親には感謝すべき事だと思う。

とはいえ、一般の米みたいに普通に炊くと正直キツイ。
これはなんぞ生活の知恵みたいなもんはないかいね、と
文明の利器、ビバ、インターネットゥ!という事で検索してみると
けっこう皆さん、同じことを考えているみたいで(笑)

もらいものの古米がびっくりするほどまずいです。
http://q.hatena.ne.jp/1105432930

あまりにもジャストなタイトルに思わず鼻水が出ましたが
ここに載っていた事は「ほほう」と思うことばかり。

以下、URLから自分用メモ。
・少量の日本酒を入れて炊く
・新米とブレンドする(古2:新1)
・にがりをたらして炊く
・もう一度精米する
・ごま油を少し入れて炊く
・土鍋で炊く
・生玉ねぎ1/8個を米の上にぽんとおいて炊く
白飯は諦めて
・炊き込みご飯
・カレーライス
・リゾット
・チャーハン

今朝、これを見て日本酒とはちみつを混ぜて炊いてみたものの
やっぱり違和感は消えませんでした(笑)
なので、急遽この3合をオムライスとドリアにしてみると普通に食べれました。
匂い消した上で炒めるという工程を、あと8キロはある米に対して出来るのか?
これは毎日がなかなかハーダー・ゼイ・カムだ。

明日の朝用に昆布だし、醤油・みりん・酒にごぼう、にんじん、しいたけ、
そして、もち米を古米2に対して1をブレンドした炊き込みご飯を仕掛けてきたけど
はたしてこれはどうなることやら。

くれる人も好意でくれてるわけだし断るわけにもいかないし、
かと言って捨てる事なんで絶対に出来ない。

これはあれか。
神がくれた「米を使った料理のスキルをあげなさい」というお告げなのかも知れませんね。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Sep 2017 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31