ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

伊丹空港、その現在と昔に触れて

September 25 2012

先日、伊丹スカイパークに行って来ました。

あまり天気は良くなかったのだけど、2歳の娘と身重の妻を連れて行ったので
強い日差しがなかった分、過ごしやすかったです。

ミリヲタとしての延長線上で飛行機そのものが好きな僕と
若い頃の留学経験でロスにいた頃、寂しくなると空港で飛行機を眺めてたという妻との間に
生まれた娘だからか、1歳あたりからすでに飛行機好き全開。

JALを「あっかー(赤色)」ANAを「ぶー(ブルー。なぜか英語)」と大きく分類し
一番好きなのはヘリコプターというちょっと大丈夫なのか、という好み。
世間を賑わせているオスプレイなんぞ見たら踊りだすかもしれません。

今まで飛行機を見に行く際は、伊丹空港のデッキから眺めていたのですが
友人がこの場所を教えてくれた事もあって初めて来てみたのです。
滑走路の真横にここまで大きな公園があるのも珍しいのではないでしょうか。
離発着ポイントをフルカバー出来る程の広い公園で、遊具も充実してました。

なんにせよこんな近くでボーイング787のランディングが見れるのは大興奮です。
カメラを構えたおじ様達もたくさんいて、写真撮りまくってました。
夜は21時まで公園は開放されており、おそらくロマンチックに飛行機を眺める
カップルがたくさんいるのでしょうね(笑)

ミリヲタとしては、昭和14年に開港されたというこの空港に想いをはせる。
空襲が激化した昭和20年頃には、爆撃機迎撃用の鍾馗や飛燕などが
この空港に駐屯してたそうです。
ゆっくりと飛んでくるボーイングが、僕の妄想の中で一式陸攻に変換されます。

家に帰ってから当時の写真がないものか、と検索してみるとこのサイトを発見。

昔の伊丹空港
http://warheads.s5.xrea.com/tetsuro/itami/01.html
のっけからのDC-68に感動しました。

さすがに戦時中の写真はなかったものの、連合軍に接収されて
ITAMI AIR BASEだった頃の写真などがあり、複雑な歴史の上で成り立っている事を実感。

橋下さんはこの伊丹空港をなくす、という事を一時言いまくってましたが
ここまで地域との共存が進んだ空港を本当になくすつもりなんでしょうか。
飛行機乗ったり見るためにあんなクソ遠い関空まで行くのは正直不便ですよね。

うちのチビにとっても思い出の場所になるであろうこの伊丹空港。
願わくば、このまま存続してほしいものです。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31