ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

なまっちろいスコーン - 我が家のオーブンレンジの限界を見た日

October 19 2014

オーブンレンジの温度が低い疑惑解消の為に温度計を買ったのが先日。
さて、その温度計である程度の現状は把握した上で本日スコーンを焼きました。

220℃で15分、というレシピのこのスコーン。
焼いてる途中の温度は160℃までしか温度計は上がりませんでした・・・

そして出来上がったのがこれ。

2014-10-19-08.08.21

なんだおい。このなまっちろさ。

070401

これはもう白すぎる。ホワイトスコーンなんて呼んでみてもダメだ。
そしてやっぱ味もなんかいまいちなんだわね。中がちょっと粉の味がする気がして。

スコーンのGoogle画像検索結果

sc

どうやら潮時かもしれませんな。買い換えの。
チビ達もデカくなってくる事だし、やっぱ30リットル以上の商品を選ばなきゃですな。

価格.comで1位を独走してる商品はパナソニックの「ビストロ」NE-BS1100。

http://ctlg.panasonic.com/jp/range/range-oven/NE-BS1100.html

オーブン最高温度は300℃という驚異的な数字だが果たしてどんなもんでしょうね。
家電品は洗濯機でエライ目にあって以来、きっちりと下調べをすべきというのは
身にしみてるので、今回も慎重に機種を絞り込んでいきたいと思います。

| Posted in 物欲 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Sep 2017 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31