ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

夏の終わり ― 大人の文化祭 Vol.4が無事に終了

August 30 2015

君と二人で歩いた浜辺の想い出、と口をついて出る世代ではないのだけれど
夏の終わりにふさわしいイベント「大人の文化祭 Vol.4」が京都VOXホールで開催されました。
自らが参加するBOØWYコピバン主催のこの年2回のイベント、
今回はそれこそ音楽仕事仲間が根こそぎ参加しての開催となり、
演奏曲も88年-90年のあの頃の曲ばかりという不思議な空間となりました。

前もって各自のセットリストを聞いて、それと被らないようにホール内のBGMをも
あの頃の邦楽ロックで固めてみたら、これまた本当にタイムスリップした感覚に。

今回の出演者の中には同級生が数名いた。
ステージ袖で待機してる間、ホール内に流れるバービー・ボーイズやレピッシュを
聴いていると、勝手にあふれ出すそれぞれの文化祭事情(笑)
少なくとももうあの頃からは30年近く経っている事に少し驚いてしまう。

我々BOØWYバンドのセットリストはこちら。

1.Dreamin
2.Baby Action
———–MC
3.Bad Feeling
4.Marionette
5.B.Blue
———–MC
6.1994- Label of Complex-
7.Cloudy Heart
———–MC
8.Justy
9.Blue Vacation
10.Image Down
11.Instant Love

Encore
1.Only You
2.SUPER-CALIFRAGILISTIC-EXPIARI-DOCIOUS
3.No.Newyork

11954654_899953500084609_2813235705420269998_n

1曲目の「Dreamin’」はBOØWYファンなら知る人ぞ知る、
あの「桃山学院大学オールナイトライブ」のオープニングと同じバージョンで。

「1994 – Label of Complex -」はBOØWY楽曲の中でも
最もエフェクトの踏み替えが多い難曲で、これは昔から一度やってみたかった曲。
少なくともイントロだけで8回以上はスイッチを踏み換えねばならない(笑)
しかし、今回は新しい靴を使用したために1回だけ踏み損ねてしまったのが悔やまれるw
本当のプロの人達の中には当日の衣装を着てランスルーする人達もいる、というのが
身にしみてわかった気がします。

それぞれのバンドが一生懸命お客さんを呼んでくれたので
最終的に117名という動員数となり、とても盛り上がって終了しました。

11953242_899954370084522_1800297288477815407_n

色々と迷う事もある日々の中、こうして自分の原点に戻れる機会があるというのは
本当に自分にとってプラスになってる気がします。
そして何より、ギターという物に携わってからもう30年以上経ってる事に
自分でもびっくりしてしまいます。
だって、これだけは飽きずにずっと続いているわけですから(笑)

11951179_899959936750632_8817208361284216297_n

今回参加してくれたバンド、そして遊びに来てくれた人達本当にありがとうございました。
このイベントの夢はいつかどこかの学校の体育館で開催する事。

次回の開催は例年通り2月のどこかの日曜日の予定です。

一番最後、お客さんがはけ終わる直前に流れてたのが
The Privatesの「EX Lovers」だったのが個人的にグッと来てしまいました(笑)
想い出あるんだよこの曲には・・・・(泣

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31