ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

2018年大河ドラマ「西郷どん」第一話を見て

January 07 2018

日曜日。朝からはまず仮面ライダービルドを見る・・・はずだったけども作業があったので断念。
後で録画で見るとして、今日は大河ドラマ「西郷どん」が始まる日!

薩摩を描いた大河ドラマは「翔ぶが如く」をそれこそ何度も何度も見たので楽しみでした。
ちなみに昨年の「おんな城主 直虎」は4話ぐらいで脱落して見れずじまい。
昨年吹き荒れた不倫報道の余波で語りをやるはずだった斉藤由貴が降板。
しかし、その後に起用されたのが西田敏行ってのがね。アツイんですわw

なんせ「翔ぶが如く」では西郷隆盛を演じた人ですから。
相方である大久保利通を鹿賀丈史が演じてましたが、今回は島津斉興という意外なキャスティング。
イジワル爺さん藩主という役柄も楽しませてくれそうです。
ちなみにお由羅の方には小柳ルミ子というこれまたピッタリな。

最初は子役からのスタートって事で前年の脱落がふとよぎったんですが、あちこちの場面に「翔ぶが如く」をオマージュしてるんやなと感じる部分がたくさん。

この「川と橋」の場面とか特に。

ちゃんと「翔ぶが如く」の第一話を思い出させてくれるカメラワークでした。

Twitterでは「方言が強すぎて何を言うてるのかわからん」というのが流れてましたが「翔ぶが如く」を何度も見ているせいかすっかり慣れてしもてナンも問題なかw

「翔ぶが如く」の時に毎回「しゅーんさーーいい!!!」と怒られて色々やらかしてた有村俊斎(佐野史郎)も、子役の演技を見ていると今回もああいう役柄になりそうですな。

キャストの中でやっぱりカッコ良かったのは世界の渡辺謙ですね。
島津斉興(「翔ぶが如く」では加山雄三)はハマリ役だと思います。

そしてラスト。子供達が駆け上がったのが西郷隆盛終焉の地、城山というのがまた泣ける。

この桜島、CGで大正時代の噴火で繋がってしまう以前の物を再現してあるとか。

第2話からは子役じゃなくなって純粋なキャストになるみたいですね。
今年の大河ドラマはラストまで楽しめそうです。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Dec 2018 January 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31