ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

宇治 ― 「宇治ノ小夜会」が六地蔵「大久保屋」で開催

October 18 2019

昨年6月から自主開催してきた「京ノ夜会」ですが、来月でもう7回目を迎えます。
アコースティックギター主体というのを軸にして色々思考錯誤の結果、カホン、ベースにバイオリンともう1本アコギという編成で落ち着きつつあります。

この間の第6回開催の際に遊びに来て頂いた方が「ぜひうちのお店でもやってください」と言って下さりまして。
最小編成の4人で「小夜会」を開催しよう、という事になりました。

場所は京都六地蔵にある「北村自動車工業」さんの2Fにある「大久保屋」さん。
元々ここはミリタリーショップだったそうですが、閉店以降ライブスペースとして運営されてはるそうです。

そして天気はお約束の豪雨。
どうもギターを持って出かけると高確率で雨が降る、というのは相変わらずな様で・・・

1Fのピットにはなんと大きなアメ車が!

パッと見てなんとオールディーな香りのテールフィン!2トーンカラーなのもカッコええ!
こういうのを見たら反射的に「キャデラックや」と思ってしまう知識の貧困さでしかありませんが、1959年のビュイックだそうです。
ウォーターポンプの故障で部品がなかなか見つからない、との事でした。
自分の生まれる前の車ですしね・・・・

「京ノ夜会」はどちらかというと日本の曲が多めなのですが、今回は2セットある内の片方を50's-60'sやビートルズだけでセットを組んでみました。
Lisa&The Five Caratsではアコギとエレキ、そしてキーボードで出来る限りのアンサンブルの再現、というアプローチを試みてますが、それとは真逆の「カホン、ベース、アコギのみでどこまで出来るか」という実験です。

大久保屋さんは簡単なドリンクのみの提供、という形なので
「フード・ドリンク持ち込みOK」という形式にしてみましたが、お客さんが皆さんスーパーの袋や一升瓶(笑)を持ちこんで来るのがなんかとても面白くて。
昔、友達の家でお菓子やドリンクを持ち寄って遊んだような感覚ですね。
「よっしゃ、じゃあワシギター弾いて歌うわー」みたいなアットホーム感がとても心地よかったです。

今回のセットリストは以下でした。

1st Stage "夜会Side"
1.やさしさに包まれたなら(Shin)
2.翳りゆく部屋(Chiharu)
3.眠れぬ夜(Eddie)
-------MC
4.Story(Chiharu)
5.赤いスイートピー(Shin)
-------MC
6.異邦人(Shin)
7.ラヴ・イズ・オーヴァー(Chiharu)
-------MC
8.僕等が旅に出る理由(Eddie)
9.SUN(Chiharu)
10.Just the way you are(Shin)

2nd Stage "Oldie Side"
1.カントリー・ロード(Chiharu)
2.エイト・デイズ・ア・ウィーク(Shin&Eddie)
-------MC
3.ひとりぼっちのあいつ(Mickey)
4.オール・マイ・ラヴィング(Shin)
5.悲しき片想い(Chiharu)
6.ハロー・メリー・ルー(Eddie)
-------MC
7.ラストダンスは私に(Shin)
8.ウィル・ユー・ラヴ・ミー・トゥモロウ(Chiharu)
-------MC
9.恋の片道切符(Chiharu)
10.ブルー・スウェード・シューズ~ザッツ・オールライト(Eddie)
11.アイ・ソー・ハー・スタンディング・ゼア(Shin)

Encore
1.ヒート・ウェーヴ(Chiharu)
2.ロング・トール・サリー(Shin)

2ステージのダイジェスト動画はこちら。

最後は踊り出すお客さん、そして立ち上がる演者というとても楽しい夜となりました。
またここでライブやりたいですね。

豪雨の中、遊びに来てくれた皆様、本当にありがとうございました!

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2019 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30