ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

再構築の妙 ― Vintage Trouble

February 07 2017

ここ最近、夢中になって聴いているバンドがあります。
それが2010年にロスで結成されたVintage Trouble。
日本語の公式サイトはこちら。
http://www.universal-music.co.jp/vintage-trouble/

2010年、元々R&Bグループでヴォーカルとして活動していたタイ・テイラー(vo)が、ナル・コルト(g)、リチャード·ダニエルソン(ds)、そしてリック·バリオ·ディル(b)の4人がロサンゼルスで結成。

ライヴ・パフォーマンスがロサンゼルスのアンダーグラウンド・シーンで話題となり、ボン・ジョヴィやKISSをヒットさせたマネージメント=ドック・マッギーの目に留まる。
ドック・マッギーの提案でイギリスに拠点を移すと、音楽専門誌主催のアワードで新人賞を取るなど瞬く間に人気に火が付き、人気テレビ番組でパフォーマンスするや“Vintage Trouble”が全世界のTwitterで6番目につぶやかれたワードになり、デビュー・アルバム『ボム・シェルター・セッションズ』が予約だけでUK AmazonのR&Bチャート1位、同ロック・チャートで2位となった。
その後クイーンのギタリスト=ブライアン・メイやボン・ジョヴィのツアーのオープニング・アクトを務め、フレディ・マーキュリー生誕65周年イベントではフロントマンとしてイベントに招待される。
2012年に全米デビューを飾ると、有名アーティストやメディアがこぞって絶賛!数多くのテレビ露出や、スポーツイベントへの出演などがたてつづき、レニー・クラヴィッツのツアーや、ローリング・ストーンズのイギリス公園のオープニング・アクト、そしてAC/DCのヨーロッパ・ツアーにも帯同するなど大きな話題を呼んでいる。

確かヴィレッジヴァンガードの店内の小さなモニターで流れてたのを見たのが最初。
あまりに衝撃的で忘れないようにその映像をスマホで撮って帰ったのを覚えてます(笑)

この動画ですぐにわかるようにVoはJBやスタックス系の大御所達の流れを汲むR&Bスタイルなのに
バックの演奏はバリバリのロックなアプローチ。
特にギターのサウンドは70年代以降のクラシックな匂いがプンプンしてとても好み。
リズムへのアプローチもどファンクじゃなくて「ああロックの人なんだな」って感じが特にw

この2010年代にこういうアプローチは自分にはかなり衝撃的でした。
考えてみればフーもストーンズもあの情報が無かった60年代にR&Bをやりたくて集まったメンツ。
情報がないなりに試行錯誤した後にああいう風に変化していったわけなんですが、
その彼らのアプローチをもう一度取りこんで再構築したかのようなサウンドに聞こえるんですわね。

それがまためっちゃスリリングじゃないですか。

色んな物を飲み込んで吐き出す、今風に言うとインプットとアウトプットですけども
自分も色んな音楽を聴いてきたわけですから、自分なりのスタイルを再構築してみるのも
もしかしたら面白いんじゃないのか、なんて事を思わせてくれましたね。

もう少し知るのが早ければ2016年4月の来日公演を見に行けたのになあ。

今の所はアルバムが3枚リリースされてます。
いい音に出会えて本当に幸せ!

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Feb 2017 March 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31