ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

火の用心。夫婦げんかは火事のもと?~防犯パトロール

December 30 2012

そろそろ仕事納めの所も増えてきて、いよいよ年末ムードが高まる昨今ではございますが
地域の人達に何かしら助けられて、なんとか生きてる身としては
どんな形であれ、恩返しをしなければならないなあ、と思うようになりました。

自治会委員の順番が回ってきて、最初はほんと渋々参加してたわけですけども
参加したおかげで知り合いも増えたし、特にデメリットなどなかったなあと感じています。
しかし、高齢化が進む当方が住んでいる地域は
委員の順番が回ってくると「もう無理。しんどいから」と自治会から離脱する人が
どんどん増えていってるらしくて、これはこれで深刻な問題になっています。

皆さん「もはや参加することにメリットがない」と口を揃えておっしゃるそうで
人間関係の希薄さというのは、若い人だけの問題ではなく
世の流れなのかなあ、と思うとなんか寂しくなりますね。

さて、本日は地域で開催された防犯パトロールに参加してきました。
子供達と一緒に「火の用心~マッチ1本火事のもと!」と叫びながら
拍子木をちょんちょんと打つあのイベントです。

恥ずかしながら、子供の頃は参加した事なかった(この風習がなかった)ので
初めて持った拍子木の重さにちょっとびっくりしました。
クラベスの倍のでかさがあり、ちょっとニューオーリンズ風のリズムなんぞを
奏でてみようと思ったんですが、重すぎて断念しました(笑)

顔を見たことある子供達や、初めて見るやんちゃ坊主達と一緒に
暗い街を歩きながら、この標語を叫ぶんですけども
作った人が洒落を効かせていくつか作ってきてたんですよね。

「焼き肉焼いても、家焼くな」これはわかる。

「天ぷら焼いても、家焼くな」いや、「揚げる」だろ天ぷらは。

「やきもち焼いても、家焼くな」これはJealousyとかけてるダブルミーニングなのか?
やるじゃないか。いいセンスだ。

「夫婦げんかは火事のもと」・・・・深い、深すぎるぜ。
これを子供達が合掌して、拍子木をちょんちょんと叩く音が夜の街に響き渡るんだぜ。

一緒に歩いてた近所の方(大人)がぼそりと

「・・・・そんなもんウチなんか全焼やっちゅうねん」

笑ってはいけないけど、こういうツッコみがここは大阪だなと感じさせてくれる。

40分ぐらいのパトロールでしたが、個人的には楽しめました。色んな意味で。
年明けたらすぐに餅つき大会が待っています。
・・・夜勤明けで直行ですけど(ノД`)

今年もあと2日ですね。
皆様、健康には気をつけてお過ごし下さいませ。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31