ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

大事な足。往復し続ける歌戸フェリーの姿。

August 21 2011

仕事の合間を見て、広島県尾道市に行ってきました。
お盆で帰省していた妻と娘を迎えに行くのが目的でしたが
ここに来ると必ず向島にドライブします。
5年後を目処に、ここに移住する事を決めてるので
モチベーションを保つための行動とも言えますね。

まずいつも立ち寄る歌港フェリー乗り場。

今日はあいにくの天気なので残念な写真になってます。

第一歌戸丸

Googleマップで見るとこんな感じです。

いつもここで船をぼーっと眺めてから向島をぐるっと回るのですが
今日はこのフェリーに乗ってみよう、と急に思い立ちまして
車を乗り入れてみました。
片道390円。2分足らずで到着するのは「本土」である戸崎です。

これを運営しているのは歌戸運航株式会社。
尾道市が出資する第三セクターだそうです。
元々は昭和29年に渡し船として始まったのが最初とか。

決まった時間の運行はなくて、迎えにきて欲しければ
港にある大きな黒のボードをひっくり返して白にするんだ、と
船に乗っていたおじーちゃんが教えてくれました。
まるで「ぼくのなつやすみ4」じゃありませんか。

このフェリー、無くなってしまったとしたら
どちら側の人もものすごく遠回りしなければならないんですよね。
未だに大事な住民の足として、毎日往復しているそうです。

収支はこの記事を見るとなんとかぎりぎりでやってる様子。

1歳の娘は初めて乗る船にテンションMAXで大喜びでした。
彼女の記憶に残るぐらいまでは、このフェリーには頑張ってほしいです。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31