ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

万博 ― 太陽の塔にようやく潜入した日

May 07 2018

1971年生まれの自分にとってEXPO’70は憧れでありました。
そびえ立つ太陽の塔は自分にとってはエキスポランドに行った時に初めて目にしたもの。
そのエキスポランドも今はなく、万博記念公園に遊びにいった時に当時に思いを馳せながら妄想するだけ。

そういえば万博の映画みたいなんがあったんですよ。だいぶ前にCS放送で見ましたけども。

これがまたわけわからん内容でしてね(笑)
途中で見るのをくじけましたわ。

でもやっぱり憧れるわけですよ。人類の進歩と調和!
20世紀少年でも熱く語られてましたねそういえば。

その「太陽の塔」が3月からなんと、内部を一般公開するとの情報を入手。
3月に予約してようやく本日、太陽の塔に入れる日がやってきました!

しかーし!!内部は撮影禁止って事でした。著作権の問題でしょうねこれは。。

このサイトにプレス用の写真がいくつかあります。

特にあの腕の部分の中にある当時のままの非常階段がすごい雰囲気でしたね。
そのまま宇宙にでも繋がってるんちゃうか、と。
あんなフォルムの造形物を目の前にする事ってまずないもんなあ・・・

さっきのサイトからちょっと拝借しちゃいました。
中にあった生命の樹もサイケデリックイエイエな色彩でまさに「芸術は爆発だ」を体感しましたね。

当時のままの案内板のフォントも時代に触れている感じがしてよかったなあ。
本当はこの勢いのまま近くの元鉄鋼館の「EXPO’70パビリオン」に行ってどっっぷり浸かりたかったですけども、閲覧が16時からの予約だったので、塔を出たらもう公園自体の閉館時刻なので断念。

鉄鋼館は一度見学しましたがここもすごいよかったので何度でも行きたいですな。

梅を見に万博公園へ。そして初めて足を踏み入れた鉄鋼館

ああ、自分の生まれるたった1年前。
ここですごい事が行われてたんやなあ、とやっぱり思うわけですよ。
1970ってビートルズが解散した年、でもありますな。
70年代に子供だった自分が少しだけ残念です。

この太陽の塔の内部見学、すでに4ヶ月先までびっしりと予約が埋まっているみたいです。
これはいっぺんは絶対に見とかなあかんと思いますので、ぜひ予約を取ってみて下さいませ。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2018 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31