ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

隕石騒動で思い出した映画「アルマゲドン」の泣き所

February 17 2013

いやはや、ロシアの隕石すごかったですねえ。
Youtubeで色んな動画があがってましたけど、ホント映画みたいで
現実感が全くなかったりします。

http://www.youtube.com/watch?v=7n2ryducd1E

衝撃波がすごい・・・・

さて、この隕石騒動で思い出したのが映画「アルマゲドン」。
エアロスミスが主題歌歌って、娘がヒロインだったあの映画です。

この映画が公開されたのは1998年。
という事は、その時27歳ですか。

あの映画を見た時に「ラストに号泣」という噂をよく聞いたので
とても楽しみにしてたんですけども、見終わった当時の僕は「はあ?」って感覚でした。

「なんでえ、最後若いもんが助かってオヤジ死んでもうたやん」

という感想しか出て来なかったんですよね。
(当時はまだ独身でした)

で、少し年上の先輩に
「あの映画、なにが泣けるんスか?なんか最後カチンと来るんですけど。」
と言った時に返ってきた言葉が次のような言葉。

「そら自分、子供いてないもん。あの衝突寸前の走馬灯の場面・・号泣やったで」

その先輩には奥さんと娘さんがいてたんですけども
これを聞いて「ふーん、そういうもんかあ」と思ってました。

今なら・・・・わかるかも知れません。
自分も結婚して子供が出来た今となってはあのラストのブルース・ウィルスの決断も
リヴ・タイラーのセリフ、
「I am… I lied to you too, when I told you that I didn’t want to be like you. Because I am like you. And everything good that I have inside of me, I have from you. I love you so much.I’m so proud of you.I’m so scared.I’m so scared.」も
あの走馬灯の場面も全て見え方が違うのでしょうね。

この映画はたった1度しか見てないのですけども
時間を作ってもう一度じっくり見てみたいなあ、と思いました。

・・・・このエアロスミスの主題歌、実はあんまり好きじゃないんですけどね(笑)

| Posted in ニュース | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30