ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

プライベート領域を認識する個人差 - AKB握手会襲撃事件

May 26 2014

AKB48の握手会でノコギリを持った男が急にメンバー、およびスタッフに襲いかかり
幸いな事に命に別状はなかったものの、大けがをするという事件があった。

手荷物検査はランダムに行われてた、との事ですが
こんな事件が発生するとこれから先の握手会は色々と難しいでしょうね。

個人的な考えですが、そもそも握手という行為はプライベート領域のスキンシップであり
身元のわからない不特定多数に提供する、というサービスそのものが
実はとても危険なのではないか、と思ってました。

手荷物検査、身元の確認などが徹底されていないという事は
「やってくる客の良心」に運営の安全性ほぼ全てを丸投げしている、とも取れるからです。

これでは何かあった時に対応が難しいのは仕方が無い話。
それぞれが抱える「普通」ってのがこれがまた難しくて、
「客だからこれぐらいやってもらって当たり前」というさじ加減がそれぞれ違います。

Twitterの有名人アカウントにリプライ送り続けて「返事が来ない!」と逆ギレする人。
相手の住んでる家を突き止めて当然、と思ってる人。
妄想を書き連ねたスパムと同様のメールを大量に送りつけてくる人。
と、今例に挙げたのは誰がどう見ても「普通の領域」から逸脱した行為であるのは明白ですが
やっている本人にとってそれは「普通」であって、たとえ他人に指摘されたとしても
自分がズレてる事に気づいていないのが一番恐ろしいのです。

女の子と仲良くなって握手までこぎづける、って普通はなかなか大変です。
だからこそプライベートな領域として多くの人は認識するのでしょうけども
それを運営側が顧客へのサービスとして提供する以上、
(特に提供側が女性で顧客側の多数が男性、という場合)セキュリティ面では
気を使いすぎてもおかしくないのが普通なんですが、
こんな事件が起こってしまうと、アイドル商法の文化とも言える握手会のあり方が
色んな面で見直されていくのは仕方ないでしょうね。

アクリル板を間に配置する、という案も出てきてるみたいですが
コスト面でそれが実用化出来るのかが難しいようです。

名前が売れる、という事は自由を剥奪される事と同じ事なのは仕方ありませんが
それによって命そのものが脅かされるなんて嫌な時代になったものです。

普通じゃない人々は本当に何をしでかすかわかりませんしね。
僕自身は最初「お客」で始まった関係ならば、それを徹底的に遵守しようと思うんですが。
だって、お客であって友達ではありませんから。
プライベート領域は招いてもらって初めて踏み込めるものであって
ズカズカと踏み込んでいくのは、生活、および活動の妨げになるって事ぐらい
普通の大人ならわかりそうなものですけどね。

| Posted in ニュース | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30