ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

音源モジュールを探す旅

December 30 2011

後輩のキーボーディストが「音源モジュールが欲しい」との事で
師走の風が吹く中、久しぶりに日本橋でんでんタウンに行ってきました。

MIDI関連の物ならソフマップ4Fの「クリエーターズ・ランド」に行けば
ほとんどの物が試奏できたはず、という想い出だけを頼りに
下調べもせずに向かったのですが、着いてみてびっくり。

なんと4FはPCコーナーになっており
過去、1フロアーをMIDI関連の物で占領していたクリエーターズランドは
ほんの片隅の1コーナーとして追いやられていました。
これはショック。

おうおう、あそこに行けばなんでもあるからな!」と
後輩に大見得切った以上、このままでは威厳が保てません(笑)

とりあえず近くにあるMARK’s Musicに行ってみると
音源モジュールはないものの、最新のシンセサイザー類は
ほとんど音出しが可能であり価格帯などのチェックはできました。
しかし中古モジュールはあるものの、新しいモジュールは置いてません。

そして三木楽器心斎橋店に移動。
さすがにここに行けばあるだろう、と思ってたらなんと一つも置いてない。
なんじゃこらあ!と思ってお店のお姉さんに聞いてみたら

「最近はパソコンベースになってまして、もう音源モジュールは
ほとんど売れないので置いてないんです。」

こいつあ困った。
とりあえず今日の段階では何も情報も取れず、現物も見れない状況。
しかし世の中の流れには逆らえません。

家に帰ってから、そういえば東京で活動している
キーボーディストの先輩がいたな、と思い出して
電話をしてみると最新事情と、彼女が求めている条件とぴったりな製品を
教えてもらいました。

最近はどこも音源モジュールとしての新作を出していないようで
YAMAHAもMotifのラックを出しているのみで
Rolandに至っては現行販売品はないみたいですね。
(DTM用の物はある)

そのRolandが2007年に出した「SonicCell」が教えてもらった製品。
http://www.roland.co.jp/products/jp/SonicCell/
これなら女性でも容易に持ち運べるし
なんといっても現行のSRXカードシリーズを2枚まで増設できるのがいい。
あとオーディオ・MIDIインターフェイスも内蔵しているので
ちょうどDAW環境を求めていた事も重なって
まさに探してた製品と言えました。

すでに販売終了していますので、中古しかありませんが
実売価格は50000円以下の様で予算的にもちょうどよい感じ。
Amazonに中古があったので、無事にそれを購入したみたいです。

それにしても最新のシンセってすごく軽いし
中には電池で動くやつもあるんですね。(RolandのJunoシリーズ)。
個人的にはKORGのX50(サイト)の「取っ手」が気に入りましたw
なんといっても4.3kgという超軽量が笑えます。
だって自分の足下に置いてあるGT-8より軽いんですぜ?
そして実売価格4万円以下の安さ。
昔はねえ・・・もう10ナンマンエンが当たり前だったのに・・・

今日はあちこち歩き回ったおかげか、色んな新しい楽器を見れて
本当に勉強になりました。

あと、先輩としての「メンツ」も少しは保てたかな?という
ちっさいプライドもすこしあったりします(笑)

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31