ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

選択 ― 過去、そして未来

July 10 2016

恐らくこれまでの京都ケントス出演歴の中で午前11時入り、という初めての経験。
前の日は無理矢理昼型に身体を戻しての朝起床。

機材を積み込み、そしてまずは参院選の投票へと近所の小学校へ。

2016-07-10 08.53.39

どれを選んでも大して変わりはせん、という考え方もあるだろうけども
唯一物申せる機会を逃すのももったいない、というのが自分のスタンスであります。
ま、誰を選んだかまでをわざわざ公表するつもりはありませぬが。

そのまま京都ケントスへ向かい、午前10時半頃には会場入り。
本日は貸切パーティー内での演奏。
2部制入れ替えのパーティー内で合計4ステージ。
本日のバンドは3月に初ライブを行ったばかりのLISA&The Five Carats
前もってセットリストを決めてあったので本日の機材はオベーションとZOOM A3のみ。

2016-07-10 10.52.12

ステージの中でゲストシンガーとの共演、といういつもと違う内容があり
リハーサルでそのゲストシンガーであるふくい舞さんと初対面。
彼女のオリジナル曲を2曲、演奏するという事が決まっていたので
その曲をまずは一生懸命に仕上げる事に専念する。
「このテンポで」「エンディングはこうで」という自身の曲に対する思い入れを
初対面の我々に告げるのを聞いて、やっぱりヴォーカリストはこうでなきゃ!と
こちらもとても嬉しくなるのでありました。
それに全力で応えてこその楽器隊の使命ですから。
その緊張感があって初めていいステージってのが出来るわけで。

1回目のパーティが終わって、入れ替え・準備の間に
ステージを自由に使えたのでZOOM A3のパラメータを色々いじって
実際のステージでの出音を確認出来たのはとても有意義でした。
このA3、ちょっと使い勝手が特殊というか、
たとえば同じリバーブでリバーブタイムだけを変えたものを2つメモリーして
それを順送りで使用するって事がどうやら出来ないみたい。
もしかしたら、自分の使い方が悪いのかもしれんのだがもうちょい研究が必要。

パーティでのステージはとても喜んでもらえたみたいで、
本日の任務は無事に完了!

機材を片づけて、お客さんがはけるのを待っている際に
入口でご両親と共にCDを手売り、そしてサインに応じる舞さんを眺める。
本日のパーティの司会は舞さんの弟さん(俳優)。
家族全員に祝福されて音楽活動をするとはこういう光景なんだなあ、と。

半ば家から逃げ出すような形で今まで来た自分には
もはやまぶしすぎて、そして二度と戻れない光景ではあるのだけれど
よくよく考えてみれば、唯が歌でも歌うようになって、
そのステージを匠が司会でサポートするという未来もありえるのか、と。

未来を選択する、というのは選挙もそうだし、バンドも、そして家庭も同じ。
過去に積み重ねてきた物をどう生かすかは結局自分次第なんだなあ、と
そんな事を思いながら帰り道をドライブしていたのでありました。

打ち上げでご馳走になったローストビーフ。めっちゃ美味しかったです。
2016-07-10 22.31.27

嵐まるさん、20周年おめでとうございます。
そして我々を呼んで頂いて、本当にありがとうございました!

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31