ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

彦根 ― 演奏旅行初日。眠気とのバトルの末たどり着いたその先とは

July 30 2019

加入してもう20年以上になるバンドで少し遠い所へ演奏に。
このバンドでは広報の他に「機材トランポ担当」という任務もあるのですが、車がデカなったのでめちゃ楽になりました。
キーボード一式、ギター・ベースアンプ積んでも2列目のシートは生きてる、という事実。
これにはギター・ベースアンプ共にDV MARKというメーカーが作ってくれた小型アンプという恩恵もありますが(笑)

今回訪れたのは滋賀県彦根市。
彦根ICで降りるのはこの間、エクシブ琵琶湖に演奏に来た時以来ですかね。
この辺りでは歴史のあるクラブでのパーティー内での出演でした。

パーティーは完全入れ替えにて2回。その中で1ステージずつ。
とはいえ、この日、実は夜勤明けで車の中で1時間ほど寝ただけというコンディション(笑)
こういう場合、腹を膨らますと途端に眠気がやってくる、というのを身にしみて知っているのであえて食わない。
しかし、セッティング終わってリハーサルの後、本番までに夕食が出るというタイムテーブル。
うーぬ、食わないわけにはいかんよなあ・・・・と思いつつご飯を食べる。
実際、あまりにも空腹だと演奏中に頭がぼーっとしてきてせんでもいいミスをやりかねんのでね・・・

今回はお泊まり、という事もあって会場近くのビジネスホテルが楽屋代わり。

この雰囲気・・・。いつかの出張仕事してた頃を思い出す。。
ベッドに転がっているポーチはその頃から愛用しているいわゆる「お泊まりセット」である(笑)
とりあえず熱めのシャワー、ガンガン浴びてスッキリしてから衣装に着替えて会場に向かう。

ステージが始まってみるとほとんどの席が埋まっている状態で、それプラス「クラブ」での演奏ですからおねえちゃんがたくさんいるんですわね。
男たるもの、こういう時に「寝てません」みたいな体たらくを見せるわけにはいきませんわ(笑)
たったこれだけで元気になれるおっさんという悲しさよ。。

2回目のステージが終わってナニが辛いて機材の撤収作業です。
そらもう身体が重いのなんの。
10キロもなくなった!!軽い!と喜んでいたDV MARKのギターアンプが鉛で出来とんちゃうんか、みたいな感じ。
ヒイヒイ言いながら機材を全部車に押し込んで時計を見ると日付が変わっておりましたわ。

今回の会場のクラブで食事が出まして、それぞれお酒を飲んだりするメンバーを尻目にウーロン茶でメシ食らう。
疲れてるってのもありますが、やたら腹が減るし喉が渇くんですわね。
あ、結局お店のおねえちゃんとはたったの一言も喋れませんでしたけども(笑)

とりあえずなんぞコンビニで飲み物でも買おうか、とGoogleマップを起動するとコンビニは1キロ先。
衣装のまま、車でコンビニに行ってホテルに戻りました。

ホテルの1階で数人のメンバーが「ちょっと飲みに行くけどどうする?」との事(笑)
首を横にフリフリして部屋に戻りました・・・

大きいウーロン茶とタバコ、そしてきき湯。
ユニットバスにお湯を貯めてじっくりと身体を休めましたとさ。

風呂から上がったらあっという間に眠りに落ちました。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2019 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31