ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

ノーキー・エドワーズ、82歳で永眠する

March 14 2018

ノーキー・エドワーズが82歳で亡くなった。
手術後の感染症が原因だそうで。。

http://www.yomiuri.co.jp/culture/20180313-OYT1T50123.html

「テケテケ・サウンド」などと呼ばれる軽快な演奏で知られる米国のバンド、ベンチャーズのギタリストとして活躍したノーキー・エドワーズさんが12日、手術後の感染症で死去した。

 82歳だった。ベンチャーズが公式ホームページで明らかにした。米紙ロサンゼルス・タイムズによるとアリゾナ州の病院で亡くなったという。

時代の移り変わりと共にレジェンドと呼ばれる人も空に帰っていくのは仕方ないけどやっぱり寂しいね。
ノーキー・エドワーズと言えばやはりベンチャーズって事になるのだけれども、自身としては熱心なベンチャーズファンってわけではないのです。
有名曲を数曲コピーしたぐらいで、それは今でもたまに演奏したりします。

ベンチャーズ、というよりノーキーのカントリーをルーツとしたフィンガーピッキングに魅せられたという方が強いです。
一時、ロカビリーのギャロッピングスタイルを一生懸命勉強してた時期がありまして、その際に日本のギタリストである徳武弘文さんの教則ビデオを見ました。

今はDVDになってるみたいやけども、中身一緒なのかなあ。。。
あとはカントリー・ギターの教則ビデオも一緒に買ったのを覚えています。

徳武弘文さんはカントリースタイルのギターがとても上手くて、SIONのレコードなどにも参加してたのでプレイはよく耳にしてました。
ああいうカントリースタイルギターを知れたのも徳武弘文さんを知ったおかげ。

徳武さんが参加してた「ラストショウ」のライブ映像です。
ディレイを駆使してとてもカッコイイギターを弾いてはりますね。

その徳武さんがギターマガジンで連載してた「フィンガーピッキングギタリスト」でノーキーが紹介されてたのを読んだのがノーキーの名を知ったきっかけだったような。

だからベンチャーズは耳にしてたけども、そのギターは誰が弾いてるのか知らんかったって事ですね。
あとから、「あ!この人ってベンチャーズの人なんや!」って気付いたパターンです。

なので、ベンチャーズでのプレイよりもノーキーのカントリーリックスを弾きまくるプレイが好きなのです。

https://www.youtube.com/watch?v=-YksY4GYzPY

こういうプレイですね。

ベンチャーズでのプレイでは「オリーブの首飾り」が好きでした。

自分も最近、アコギを真面目に弾き出した事でフィンガーピッキングをする機会が増えましたが、こういうプレイをサラリと出来る様になりたいもんですね。

全てのギタリストに道を示してくれてありがとうございました。
どうぞ安らかにお眠り下さい。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Nov 2018 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31