ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

フラットデザインについてぼんやりと考えたりしてみた

April 02 2014

昨日書いた保育園への朝の所要時間は、以前の所と比べて
圧倒的に短い事が判明して、ほっと一安心。
選択する道によっては信号がたった3つしかない、というのが勝因です(笑)
信号って一つ引っかかるだけで3分以上はロスしますもんね。
これで原チャリも買わなくて済みそうな予感がしますw

さて、AppleのiOS7から採用されたあのデザインによって
フラットデザインという物が一気に認知された気がします。
iOS7にアップデートした直後は「しょぼっ!」と思ってたのですが
「見慣れる」というのはとてもいい薬って事なんでしょうか。
美人は三日で飽きる、みたいなもん・・・・いや違うか。

自分がWebの仕事を始めた頃なんて、いかにして綺麗にドロップシャドウをかけるか
みたいな事がアツく論議されてたような気がしないでもないですが
最近ではそれすらも必要ないし、それこそCSS3だけでどうにでもなるので
そんなお話もあんまり聞かなくなってきました。
それプラス、レスポンシブデザインの普及もこれらの処理がますます不要になるのを
手助けした感がありますね。
PC上ではOKでも、スマホサイズのデバイスだとつぶれちゃったりするので。
いずれは「Photoshopでドロップシャドウってどうやってやるんですか?」みたいな
世代の人が出てきたりするのかもしれません(笑)

フラットデザインのWebサイトをまとめた「fltdsgn.com」(主に海外サイト)

http://fltdsgn.com/

日本ではこれから?!流行のフラットデザイン国内事例17個+α
http://squeeze.jp/blog/web-design/flat-design-in-japan/

5分でわかるフラットデザインの起源と歴史
http://www.seojapan.com/blog/flat-design

シンプルに見えるからこそ余計に難しそうなフラットデザイン、って感じですかね。
とはいえ実装は楽だなあ、と思ってしまいますけども(笑)

| Posted in Web関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31