SF映画の金字塔と言えば「スター・ウォーズ」シリーズがやっぱり1番に思いつくのですが、実はエピソード4~6しかまだ見た事なくて。
最初に「エピソード4」がテレビ放映されたのは日本公開から5年後の1983年10月5日。
当時はまだビデオの普及率も低かったし、ビデオソフトなんて3万以上はしてた思い出があります。
映画館での公開から5年後にようやく初地上波放映なんて今ではありえんスパンですわね。

1983年といえば自分は小学6年生ですね。
その時の初放映はビデオに録画してそれこそ何度も何度も見返しました。
放映する側もなんか妙に浮かれてたのか、C-3POとR2-D2を日テレに呼んでしょうもない寸劇を繰り返して「VTRスタート」と言うたらCMに行くという肩透かしをやってました。
あの寸劇のしょうもなさをもう一度見たいな、と思って検索するとありましたわYoutubeに。

動画再生時間を見るとなんとCM含めて33分!そりゃ苦情も来るわな・・・
というか、この映像・・・・何度も何度もビデオで見返したのでCMも全て懐かしすぎる・・・・
研ナオコを「ヨーダ様のお嬢さんかと・・」と今ではめちゃめちゃ怒られそうな内容もあったり(笑)

それと今でもこれはよくある話ですが、大作の地上波放映の吹き替え声優になぜ本職でない俳優を起用するのか。
この時限りだったキャストは

  • ルーク・スカイウォーカー ・・・・渡辺徹
  • レイア姫・・・・・・大場久美子
  • ハン・ソロ・・・・・松崎しげる

おい最後。

劇中でハン・ソロが「おいルーク!」って叫ぶ場面がどうしても「おいトミコ!」にしか聞こえなかったです。
それならいっその事、なぜルークに国広富之を起用しなかったのか。
そしてレイア姫を石井めぐみにすれば、もう完全に「トミーとマツ」の世界。
それぐらいハリソン・フォードに松崎しげる、は子供心にもめっちゃ変な印象を残しておりました。

これも今ではきっと再放送出来なさそうな表現がテンコモリです。
「お前なんて女の腐ったヤツだ!」とか絶対にアカン。
まあ、これもいわゆるワンダフルなモーメントなのかも知れません。
そこから一歩も動くんじゃない~♪

さて、スターウォーズに話を戻すと、この地上波初放映の1983年でようやくエピソード4を初めて見たわけですが、この年の夏にエピソード6である「ジェダイの復讐(当時)」が映画館で公開されてました。
10月の初放映で「スターウォーズおもろいやん!」ってなったものの、すでにどこの映画館でも「ジェダイの復讐」はやってなかった。
年が明けたぐらいにこの地上波放映の余波なのか、小さな映画館でリバイバル上映が限定期間で行われまして。
それを新聞広告で見つけて見に行ったのを覚えています。
確か毎日新聞ビルの地下にあった大梅地下劇場だったような・・・・・

こうなるとエピソード5の「帝国の逆襲」(1980年公開)をいかにして見るのか、という事になるんですが、それなりに長い間見れてなかった記憶があります。
だから小説版を読んでストーリーを追ってから、海賊盤のレンタルビデオを借りたような。

それなりに執着心を持って追っかけた「旧3部作」でしたが、1999年のエピソード1「ファントム・メナス」の頃になるともう28歳ですわ。
「いまさら・・・・なあ」という気持ちになって結局見る事はありませんでした。

でも、いつかは見なきゃなと思いつつも2015年になってエピソード7「フォースの覚醒」が公開。
あーもうアカンついて行けん・・・・となって今に至ったわけです(笑)

先日、ふと見ると「ディズニープラス」がお試し1ヶ月無料ってなってたのでラインナップを見てみるとなんとありとあらゆる「スター・ウォーズ」が全部含まれてるじゃないですか。
そうか、ルーカスフィルムはディズニーに買収されたんだっけか・・・・
んじゃこの機会に全部いったれや!と思ってすぐに加入。
まずは復習って事でエピソード4から6を久しぶりに鑑賞してみる事に。

えらい変わっとるがな!という衝撃

おい待てや。なんでこのテキストロールが日本語になっとんねん!!
ワクワク感を持って久々に見た映画が開始10秒で気持ちが萎えるとは思わなんだわ。
字幕切り替えで戻せるのか?と思ったけど戻りませんでした。
ディズニープラス版は全部これで固定されてるんだろうか。
やっぱり英語でこれは見たいよなあ、と思います。

調べてみると旧3部作は1997年に「特別篇」として公開されて以降、DVDやBlu-rayが出る度に色々修正されてるんやてね。
エピソード6で初登場だったはずのジャバ・ザ・ハットがエピソード4にいきなり出てくるし、思い出とまるで違う旧3部作は見ていてとても楽しめました。

「ジェダイの復讐」から「ジェダイの帰還」に変わったエピソード6もダース・ベイダーが皇帝を放り投げる前に「ノーーーーー!」って叫ぶし、なにより最後の祝勝シーンも見た事のない街が次々映し出されるしなんやこれは?と。
特にエピソード6は音楽が差し替えられすぎててなんかもう見てて気持ちが落ち着かない。

ラストシーンは幽体となったオビワン、ヨーダ、仮面を取ったダース・ベイダーがルークをそっと見守って・・・
あれ、ダース・ベイダーがなんや若い男前の兄ちゃんになってるがな。
昔見たときはなんか人のよさそうなおっちゃんやったのに。
この兄ちゃんがきっとエピソード1-3でアナキン・スカイウォーカー(ダース・ベーダー)を演じてる人なんやろね。

今から見るのがとても楽しみです。

エピソード4「新たなる希望」のオリジナルと最新版の違いの比較動画
https://www.youtube.com/watch?v=RNbzSH84mj0

エピソード5「帝国の逆襲」のオリジナルと最新版の違いの比較動画
https://www.youtube.com/watch?v=FmWjPoqEhzg

エピソード6「ジェダイの帰還」のオリジナルと最新版の違いの比較動画
https://www.youtube.com/watch?v=a2obEPFGrMs

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) Blu-ray

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイコレクション(3枚組) Blu-ray

マーク・ハミル, ハリソン・フォード, キャリー・フィッシャー, アレック・ギネス, ピーター・カッシング, アンソニー・ダニエルズ, ケニー・ベイカー
¥6,466(as of 05/29 02:57)
Amazon product information