ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

最近興味がわいている「3億円事件」

March 03 2013

先日までは連合赤軍関連の事件に関する書物を読み漁ってたのですが
ここ最近、興味がわいているのがあの「3億円事件」の事。

3億円事件のwikipedia

1968年12月10日に発生したこの事件ですが
もちろん僕はまだ生まれておりません。
たまに昭和の事件関連で白バイ警官のモンタージュを見かけたりしてたんですけど
俄然興味がわいたきっかけというのが、今仕事先でご一緒する事があるおじいちゃんの
お姉さんが、なんとこの現金輸送車に乗ってた人と同僚だったという事が判明。
当時、東京に住んでてヨコワケハンサムボーイだったおじいちゃんは
検問で停められまくったり、警官2名に「すいませんが○○署まで送ってくれ」と
車に乗り込んできて、色々と質問されまくった経験をお持ちだったのです。
(当時、車に乗ってた若者自体少なかったせいもあるそうです。)

これはもう興味わくじゃないですか。
リアルな経験をそのまま聞けるなんて、こんな贅沢な事はないですよね(笑)

当時は銀行振込という概念もなく、給料は全部手渡しだった時代。
奪われた3億円は東芝従業員の冬のボーナスだったんですけども
保険をかけていたせいで、翌日にはちゃんとボーナスが払われたそうで。
しかもその保険会社も海外の保険会社に保険をかけてたので
まるまる手元に戻ったどころか、外貨を稼ぐという結果になったとか。

そして誰も傷つけず(後年、報道被害で自殺した人や過労死した警官はいる)
そのまま未解決で月日だけ過ぎてしまったこの事件。

莫大な数の遺留品があり、簡単に犯人は捕まると思われてたらしいですが
そのおじいちゃん曰く「当時はねえ。正直『やるなあ』と思ってたんですよね(笑)」と
本当に楽しそうに語ってくれたのでした。

さて、とりあえずはこの本を読んでみようかと思っています。

こういう時はまずは宝島社から、ですかねえ(笑)

| Posted in 日々雑記 | Comments (2)

2 Comments

  1. ガッツ
    Posted 2013年3月5日 at 4:05 PM |

    以前、胆石のことではお答えしていただきありがとうございました。
    私も胆嚢摘出手術をして、昨日退院しました。
    6日で退院することができたので良かったです。
    しかし入院中が暇で暇で辛かったですwww

  2. Gaku@管理人
    Posted 2013年3月7日 at 2:54 AM |

    >ガッツ様
    お久しぶりです!
    無事に手術を終えられたようで何よりです。
    疝痛発作がこれで来ないかと思うと本当に安心できますよねえ。

    僕は合計4日入院でしたが、ほんまに暇ですよねえ入院生活は・・
    初日、看護学校生の実習があって「おお!若い女の子が!」と喜んだのですけども
    その日が実習最終日で一気に落胆しましたww

    術後、僕は油物を食べたら即下痢、という症状でしたけれど
    ガッツ様は大丈夫でしょうか。
    あまり無理をせずにご養生なさって下さいね。

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31