ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

節分でオニに遭遇してギャン泣きした長女の災難

February 03 2014

ライブ、そして楽しい打ち上げを終えて帰宅したのがAM2:30。
風呂に入った後にライブの映像(最近はその日にくれるらしい)を見ながら
納得したり落胆したりしてると、どうやらそのまま布団に倒れ込んで寝てたらしい。

AM7:30。
最近では恒例になりつつある、娘(3歳6ヶ月)によるフライングボディプレスをくらう。
娘が起きる前に寝てしまう事は少ないのだけども、寝てしまったらこの洗礼を受ける。
昔なら屁でもなかったのに、最近はそれなりの破壊力を備えてきており
押し入れの上の段にもいつの間にか自力で上れてたりするから
マイティ井上を彷彿とさせるトップロープ(の高さ)からの
サマーソルトドロップを受けて、悶絶しながら目覚める朝も近いようだ。

サマーソルトドロップ(4:59あたり)
http://www.youtube.com/watch?v=oPXfEh4czuY

機嫌良く遊んだ後は保育園に出かけていきました。
僕といえばやらなければいけない事をやらずに寝てしまったのを思いだし
慌ててそれをこなしにかかる。

結局、再度眠りについたのはPM12:30頃。
浅い眠りの繰り返しであまり眠る事ができなかった。

夕方、嫁さんからの着信で起きる。
どうやら今日、保育園で節分の豆まきがあり、先生が扮するオニにたいそうビビって
ギャン泣きしたらしく、駐車場までお父さんに迎えに来い、と言っているらしいw

車に迎えに行くと、涙をためてまだグズってる娘の姿が。
初めての事だから別にビビらんかなーと思ってたけどもやっぱり怖いようで。
「鬼が来るぞー」はこれでちょっとは有効になったりするのかな(笑)

鬼といえば「なまはげ」もこの時期の行事ですな。

このご時世、いるんだろうなーと思って検索するとやっぱりいる。
「なまはげは児童虐待」という人がたっくさん。

「世の中には怖い物がある」っていう認識を教えるのがそもそもの意図な気がするけど
なんでこういう解釈をするのかが全くわかりません。
現実社会って怖くない物の方が少ないよ。
ましてや鬼なんかより人間の方がもっと怖いと思うんだけどね。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31