ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

鍋 ― 市販スープ「ミツカン濃厚みそ鍋つゆ」を試す

February 04 2018

この冬からトライしているシリーズも今回で8度目。
全10種類のコンプに向けて、ここまで来たらもうペースを上げるしかない(笑)

前回のチャレンジはこちら。

鍋 ― 市販スープ「ミツカンごま坦々鍋つゆ」を試す

今回、買ってきたのは「濃厚味噌鍋つゆ」

この鍋にだけ「トウガラシが入ってるのでお子様には~」という但し書きが入ってるので相当辛いんかな?と思いながら調理。
しかし、キムチ鍋つゆにはそんな事書いてない・・・というかキムチやから書かんでもわかるんか(笑)

「濃厚」という名前だけあって、スープだけ飲んでみるとほんまに濃厚でした。
なので、今回はもやしを投入して水分だしたろかいと。
後はバラ肉、キャベツ、にんじん、えのき、しめじといういつもの材料。

実際、食べてみると味噌煮込みうどん的な味とは違って、かなりマイルドな味。
7歳と5歳にはやっぱり若干辛かったみたいで、具だけを食べてもらいました。
しかし、この前食べた「坦々鍋」との明確な差があまり感じられない部分も。
あっちはラー油とゴマ、というかなりラーメン的な味で、こちらは和風よりの味噌鍋。

パッケージを見ると「シメのオススメは味噌バターラーメン」と書いてあって「ラーメンかい!」とツッコんでしまいましたが(笑)
その通りにしてみると、子供らが食べる食べる。
バターを入れる事によってかなり味がマイルドになった、って事なんでしょうね。

あと2種類、か。きっと2月中にはカタがつきもんそ。

1日遅れの節分

恵方巻きも売れ残ってたら安いやろ、と朝1番にお店に寄るとすでに廃棄済みとか。
なんとももったいない・・・・その風習に意義を唱える気はないけども、食べ物を廃棄してまでやる事ではありませんわね。
もうおせちと同じく完全予約制にしたらええような気もします。

兵庫県のスーパーでは「前年実績を参考にしか作りません」という貼り紙を配って話題になってました。

ホンマその通りやと思いますね。

1日遅れの節分って事で、我が家は適当な巻き寿司、そして「後で食べて美味しいように」とピーナツでの豆まきを。

鬼に扮する長女。なかなかシュール。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jan 2018 February 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28