ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

フライパンあれこれ - テフロン加工は寿命が短い?

June 28 2014

一応、ステンレス製のいいフライパンも持ってはいるのだけど
普段使いは手軽なテフロン加工のもの(コーナンライフレックス製)を使用している。
テフロンが身体に入ってどうこう、という話はここでは置いておいて
今日のテーマは耐久性について。

どうも使い方やお手入れが荒っぽい性なのか、1年もこいつらが持たない。
値段相応と言われればそれまでなんだけどももうちょいどないかならんもんかと。

色々と調べていくと、まずは使い方が間違っているみたいだった。
最初、まずフライパンを熱するために火にかける事が多いけども
テフロン加工が耐えられる温度が260度までらしいのだ。
今までの自分の使い方ならあっという間にこんな温度に達してるのは間違いない。

そして洗う時も焦げ付いた場合にはガシガシと金たわしでこすってるので
これはもう加工をはがすために毎日使っているようなものである。
「まあ消耗品だしな」と割り切る以前に自身の行動を見直さなきゃならない。

というわけで金たわしをやめてスコッチブライトの「アルミネットスポンジ」を購入。

前々からいい評判を聞いていたので使うのが楽しみだったのだけれど
こいつはなんとも使いやすい。
金たわしと同じ感覚で使用できるし、それでいて汚れもよく落ちる。
もっと早く入手して使えばよかったなあ。

ちなみに表面加工されたフライパンで評判がいいのはガストロラックス社のバイオタン。

値段の方もライフレックスの物と比べたら一桁違うという化け物の様なシロモノである。
ま、もう一回ライフレックスにして使い方とお手入れ方法を改めてから、ですかね(笑)

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31