ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

キャンプ経験で学んだ事 ― 尾道市向島2日目

May 03 2016

チュンチュン、クルックーなどという鳥の声で目覚めてテントの外に出たら。

2016-05-03 05.04.26

なんとも素晴らしい朝焼け!
お隣さんはすでに起きて釣りにいそしんではりましたが「全く釣れませんw」との事。

今日は昼から雨が降る、との事で9時撤収を目指して早めに行動開始。
息子はけっこう早めに起きて遊具で遊んでましたが、娘はギリギリまで爆睡してました。

テントで夜を明かしてみて思った事はまず「テントの中敷きの質」。
今回はほぼ体験、に近い一泊レンタルでしたが正直背中が痛くて
ここに連泊しよう、とはとても思えませんでした。

安い物ならコールマンのエアマットレスなんかもありますがやはり空気漏れがひどい様子。

寝心地と収納時のサイズのバランスが決め手となりそうな製品群ですなあ。

そして「朝にはやっぱりお湯を沸かせる環境」が必須という事も。
やっぱりそれなりに冷え込むって事を身にしみて体感。
結局、僕がテントを撤収している間に他の3人は車でコンビニへ行ってました(笑)

調べてみるとイワタニがカセットボンベで使用出来るミニコンロを出している様子。

これは本当にあれば助かる製品だと思います。
あの朝焼け見ながらコーヒー飲みたかったなあ(笑)

一度経験すると多分今まで「ふーん」と見過ごしてたアウトドア用品も
今までとは全く違って見えてくるんだろうなあ。

テント撤収の後は行き道とは違い、嫁さんが単独で自転車行動。
「自転車のメリットはあちこちにある売り地の看板をゆっくりと写真に撮れる事」と
いっぱい売り地を見つけてきた様です。
売りたい側の値段と実際に買いたい人の値段に差があるんだろうなあという感じがしますね。

でも、やっぱりここに住むというのは魅力的だなあと思いました。
具体的な計画に落とし込んでいくための布石、としては今回はとても良い経験でしたね。

そしてちょうどお昼頃に降り出す雨。
嫁さんの実家に戻ったらさすがに疲れてたのか全員昼寝してました。

21時頃に単独で大阪に向けて出発。
国道2号~姫路バイパス~第二神明~171ルートでちょうど5時間で帰宅しました。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31