ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

ぼんやりと星空を眺める ― メガスター再び、そしてようやく

September 03 2015

思えば2年前、プラネタリウム「メガスター」が関西にもある!と聞きつけて
娘を連れて行ったものの、館内の暗さに泣き出してしまい星を見る前に撤退、という
バリバリの寸止め感を味わったもんですが、ようやく!見てまいりました。
今年のペルセウス座流星群は雨でオジャンになりましたし(笑)

2015-09-03 15.03.13

伊丹市立こども文化科学館。(公式サイトはこちら

しょっちゅう遊びに行っている伊丹スカイパークから歩いて5分ほどのここ。
必然的に車はスカイパークの駐車場に止める事になります。

平日の午前投影はほとんど幼稚園や小学校の貸切なので、15:30からの投影のみ
一般のお客さんが入れる様子。

2015-09-03 15.24.31

再び会えたメガスターII B Itami。
現在のプログラムは「流れ星を見に行こう!」というものでした。

さて、投影開始。
・・・・・・・やっぱり子供向け、というか大人には物足りない内容なのは
「こども文化科学館」だから仕方ないのだろうか・・・
ひょんたんとかへちまんというゆるキャラが出てきて
「土星の輪の正体はなーんだ?」とかクイズが始まってしまうのですよ。
これはちょっと(スペック厨の)おっさんにはツラい。

以前、ここの旧プラネタリウム機種の投影個数は8900個。
そして、現在のメガスターII B Itami(この施設専用のカスタマイズ品)は500万個という
ぶっちぎりの投影数にも関わらず、その性能をフルに発揮しているとは思えないのである。

ただ、2001年11月19日の「しし座流星雨」の再現は素晴らしい物がありました。
そうあの時は30歳。空を見てましたよええ、肩を並べてぼんやりと・・・(回想

この「こども文化科学館」は土曜日の最終投影(16:15から)の分は
「トワイライト投影」という大人向けのプログラムを展開しているようです。
http://business4.plala.or.jp/kodomo/pura_towairaito.html

このプログラムがどんなものか、をまた再び見に来なければと思っております。
あ、レギュラー投影の内容は小学4年以上ぐらいじゃないと面白くないかもです。
それなりに惑星などの知識ありきの内容だったので。

2015-09-03 15.11.41

メガスターの現在のフラッグシップ機である「Super MEGASTAR-II」の投影数は
なんと2200万個まで拡大しているとか。

大阪で一番メジャーだと思われる大阪市立科学館のプラネタリウムの
コニカミノルタプラネタリウム株式会社の「インフィニウム L-OSAKA」でさえ
たった9000個という投影数なのですよ。(あえて投影数を落としているとか

せっかくのメガスターのスペックをもっと活かすプログラムをやってほしいもんです。
今日のお客さんは10名にも満たない数でした。
大人400円という入場料では予算もなかなかツラいんでしょうけども、
このまま宝の持ち腐れではあまりにももったいなすぎますぜ。

午前2時、踏切に望遠鏡を担いでいかなくとも星が見れるプラネタリウム。
実は子供の頃から星空は大好きでしたけども、このメガスターは僕より一つ年上の
大平貴之さんがたった一人で作り上げたいわば「夢の結晶」。
そういう部分でも、ものすごく惹かれるものがあるんですよね(笑)

そういや、今年の冬のふたご座流星群は最高の条件みたいですな。
http://www.amro-net.jp/meteor-info/12_geminids_j.htm

12/14の未明はスケジュール空けとこう。
あ、ライブ入ってても帰りにそのまま行けばいいか(笑)
2分後に君が来なくとも、僕は行ってきます。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31