ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

粉物 ― 家で初めてもんじゃを焼いてみた

January 02 2018

朝、仕事帰りにスーパーに寄って食材を調達してる最中に「もんじゃ焼き」のキットを見つけた。

もんじゃ焼き。実はたった1度だけ食べた事あります。しかも京都で(笑)
あの時は味そのものよりも「食べ足りないな」と思ってすぐに隣のラーメン屋に行った想い出が。
子供らにはたこ焼きを焼いたその後に、ちょいとこれを使ってもんじゃ焼きを作ってみようかと。

このもんじゃ焼きのセット、キャベツ1/4だけ用意すれば粉もソースも切りイカも干しエビもみんな入ってます。
なので、用意そのものは楽。

とりあえずはたこ焼きを40個ほど焼いてから鉄板を取り替えて調理開始。

と、このように土手を作ると説明書きに書いてあったのでその通りに。

で、適当にチーズとかネギ(これはたこ焼きを作った時に出た余り物)を放り込んでみる。

なるほど。そういえばこんな感じの食べ物でしたわ。

ほんまはちっさいへらで剥がして食べるのが正しい食べ方らしいですが、そんな物はないので木で出来たジャム用のスプーンで食べてみました。
久しぶりに食べたもんじゃはけっこう美味しくて、これなら昼ご飯とかならいいかなと。
油も使わない(テフロンなので)し、キャベツたくさんやしね。
店によっては明太子やベビースターラーメンなども入れるというのにも納得です。

お好み焼きとどっちがいいか、なんてのは愚問でこりゃ違う食べ物ですしね。
こういうのは「文化を食らう」もんやと思てるので、これからの選択肢が増えるってだけのお話。

子供らにはまず見た目が不評みたいでした。
娘は「ゾンビの食べ物みたい」と。
息子は「熱いからイヤ」 と味とか見た目以前のまさかの温度での拒否w

粉モンバリバリの昼食を食べてから就寝。
晩ご飯には正月二日目の恒例「白味噌のお雑煮」を。

里芋を買うのを忘れてて今年はなし。
子供らにお年玉を渡したりとなかなかのお正月気分ですが、自分は夜から仕事なのでもっかい寝ましたとさ。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jun 2018 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31