ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

そしてやはり風邪 - インフルエンザ検査を初めて経験した日。

February 17 2014

目覚めてみると回復どころかひどくなっている身体の倦怠感。
さあ、ここで具体的な数字を見る事にしよう。

DSC_0223

お見事!

朝から娘に謝り倒す事になった休日。
「またこんどいこーね」と言ってくれた心優しき娘のためにも
ここは早いこと体調を回復させねばならない。

いつもなら食べて寝て風呂入っての繰り返しで汗を流して
風邪を治すのだけれども、急な発熱、倦怠感、しかし喉の痛みはないという症状に
「もしかしたらインフルエンザかも」という疑惑も出てきたので
自分としては珍しくさっさと近所の病院に行くことにした。

症状を先生に告げると、「あーインフルエンザかもだし検査しましょう」と
奥からインフルエンザ検査キットを出してきた。
これと全く同じ物である。 http://gigazine.net/news/20090119_fluab/

Cのラインが現れてから10分ほど検査時間が必要らしいのだけども
その間、僕はもう神に祈るような気持ちでした。
もしインフルエンザだったなら今週から続く仕事のキャンセル、代役捜しなどなど
それこそ気が遠くなるような作業をこなさなければならない。

10分経過した後でも結局AにもBにもラインは出現しなかったので
めでたくインフルエンザは陰性、そして風邪という事が判明。

感冒薬、そして喉の腫れの薬と頓服薬を出してもらって帰宅した。
嫁さんが「汗が出るように」と作ってくれていたキムチ鍋を食べて薬を飲んで眠る事にする。

ああ、せっかくの休みだったのにこれで一日潰してしまうとは。
でもインフルエンザではなかった事に、本当に安堵したのでした。

| Posted in 医療・健康 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jun 2017 July 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31