ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

右膝の固定具を作るためにサイズを測った日

July 05 2013

右膝の検査結果が出て、固定具をオーダーするという事になったので
サイズを測りに整形外科に出かけた。

なんでもそれ専門の先生が金曜日にいつも来ているそうで
それに合わせないとダメって事らしい。

幸いにして何も予定がかぶってなかったのと
前日に入院した長男を迎えに行く時間が午後イチだった事もあり
この三日間、ほぼまともに眠っていない状態だったけども
ほぼフラフラになりながら病院に到着。

サイズを測るのは2分もかからずに済んでしまったのだけれども
せっかくここに来たのでリハビリを受けて帰ることにする。

この日からリハビリに加わったのは「ライプス」という機械。
もともとの綴りはLIPUSといってリーパスとも読むらしい。
(LIPUS = Low Intensity Pulse Ultra Sound-wave)

これは電流とかを流すのではなく、低出力の音波を当てる事により
骨折を早く治す効果があると言われているそうな。

機械自体はものすごくコンパクトな物で、
厚めにジェルを塗ったクリップみたいなものを二箇所に貼り付けて
そこから超音波を20分間当てて治療を行うのがリハビリ内容。

低周波治療器とかと違ってピリピリする事もなく
「ほんまに効いてんのかこれ?」と思ってしまうようなものですけども
もちろんそれなりの効果があるから、こうやってメニューに入ったんでしょう(笑)

ホットパック(温め)そして低周波治療の3つでメニューは終了。
退院する長男をそのまま迎えに行って、我が家全員無事に帰宅できました。

もちろんその直後に泥のような眠りに墜ちて行きましたけど(笑)

固定具が出来上がるのは次の金曜日になるそうで。
けっこうな値段するんだろうなあ。

| Posted in 医療・健康 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31