ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

マナーとモラル~写真や動画、そんな事について

November 25 2012

Youtubeが登場し、MixiやFacebook、Twitterなどが広まり
またデジカメやスマートフォンの普及により
誰もが簡単に写真や動画を共有できる時代になってきています。

だからこそ問われるのが個人のマナー、そしてモラルでしょう。

僕は月に数日、ギタリストとしてステージに立って演奏の仕事をしていますが
演奏中にバシャバシャとフラッシュを焚いて写真を撮影する輩が
たまにいる事にとても驚く事があります。

そりゃあ手元に簡単に撮影できる機械があるんだから、撮影したくなるのもわかりますが
こちらは撮影される為にステージに上がっているわけではありません。
第一優先の仕事としてやらなければいけないのは「演奏」ですから
エフェクトのバンク確認、左手のポジション確認などを両目を使って行うわけです。
その目をつぶす行為を「自分の想い出」のためだけに平気で行える大人がいるのが
とても信じられないわけです。
もし仕事中に目の前でビカビカとフラッシュ焚かれたら、あんたどう思うねんって事ですよ。
はっきり申しまして「邪魔すんなコラ」としか思えません。
こっちは遊びでヘラヘラやっとるわけではなく、仕事として真剣にやってるわけですから。
僕はこういう部分の許容能力は極端に低いので、申し訳ないですが思い切り顔に出ます。

それならせめてフラッシュを切る、という操作ぐらいしてほしいもんですが
こういう場でカメラを取り出せる様なモラルしか持ち合わせてない連中に
正直、それは無理というもんです。馬の耳に念仏、ですわね。

そしてアップ写真が欲しいのか、カメラの液晶画面を見ながら
周りを見ずにフラフラとステージに近づいてくる人。
もうね、ピックとかギター投げつけたろうかと思いますよ正直。

昔、こういう光景を見たことがあります。

デジカメの液晶画面を見ながら、フラフラとステージに近づいてきた人が
フロアで踊っていた人に激突、そしてカメラはフロアに落ちて見事に破損。
ドリンクを運んでる従業員にぶつかり、カメラは落ちて破損、
そして落ちたドリンクが他のお客さんの服にかかり、コップは割れて
演奏を楽しんでもらうような雰囲気ではなくなった事もあります。

これ、誰が原因でしょうかね。
ていうか、明らかに迷惑行為ですわ。たった一人の馬鹿のせいで雰囲気まで悪くされてさ。
そんな光景、正直ステージから見たくないんですこっちは。
それならもうライフル銃みたいなレンズ持ち込んで、最後方から撮影しろやと。

オフステージなら全然構わないんですよ。こっちも休憩中ですから。
フラッシュだろうがなんだろうが、ガンガンやってくれて。

そして、最近とみに多いのが無断アップロードという行為。
写真や動画を撮影したら、大事に「自分の想い出」としてとっておけばいいものを
そこに写ってる人に無断でアップロードして公開する人が増える一方なんですね。

僕は昔からこの行為については、そのアップロードした本人が判明している場合は
直接抗議して削除してもらう事を徹底しています。

演奏している動画は特にそうなんですけども
自分が納得したクオリティでないと、勝手に公開してほしくないのが本音。
なぜならば、こちとらそれで仕事をしているわけですから
色々な状況が重なって、たまたま出来の悪かった時の演奏動画を
他人に見られて判断されるのは、とても不本意な事なのですよ。

演奏中の写真だって同じ事。
それを含めた成果物としてお金をもらう以上、すべて自分で管理したいというのは
1円でもギャラをもらっている限り、ごく当たり前の話です。

今まで述べてきた事は、そんなに難しい事ではありません。
「人に迷惑をかけるな、そして、本人に承諾をもらえ。」
たったこれだけの事なんですけどね。

自分が真剣に仕事をしている時に置き換えて、同じ事をやられたらどう思うのか。

世の中、便利になったからといって礼節まで簡素化してしまったら
一人の人間として、一人の大人として終わってしまうやないですか。

 

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jul 2017 August 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31