ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

フレット浮き修正、そして久しぶりのEMGピックアップ

October 12 2013

5月のBOØWYコピバンライブが大変好評だったので2月に二回目のライブが決まりました。
これから年2回ぐらいのペースでやっていけたらな、って事で
「バンド機材」としてVoがワイヤレスマイク、そして布袋モデルのギターを購入(笑)

TE-115HTという後期型の布袋モデルをオークションで落としたそうで
そのギターを預かって色々とチェック。
このモデルは最も後期の布袋モデルでボディがバスウッドのもの。
なんやかんやと評判の悪いバスウッドですが、ピックアップの音が素直に反映されるので
個人的には改造するベースとしてはとっても好み。
しかし、1弦側の20-22フレットでフレット浮きが発生しておりました。
この位置のフレット浮きは弾いてる1弦が引っかかってしまう症状が発生するので
このままだとまともに演奏出来ない状態。

なのでホームセンターでゼリー状のアロンアルファとクランプを購入。
ネックを外してこの隙間を埋めるべく応急処置を施しました。

ネックジョイント部分にシムが挟んであったのでちょいと調整が難航しそうですが
ネックとボディが離れてるこの際に、布袋氏が使ってたアクティブピックアップの
EMG-SAに交換しようとサウンドハウスにて注文。

EMG、いやリプレイスメントピックアップを購入するのは高校生以来の事。
最初に買ったギター(2S1HのFender Japan ST-556)があまりに音がひどかったので
リアのハムバッカーだけをEMG-81に交換して使ってました。
なんで81を買ったのかは忘れましたけど、恐らくスティーブ・ルカサーが使ってたような。
・・・・と調べてみたらルカサーはEMG-85だったみたい。
http://www.overlend.com/emg-hum.htm

最近のメインであるストラトに付いてるテキサス・スペシャルは
たまにノイズが気になる以外はとても好みの音。
なので、ピックアップを替える事は本当に久しぶりなので色々と楽しみなのです。

CASE OF BOØWYの映像や音を見る限り、恐らく布袋氏はリアしか使ってないと判断して
今回もリアのみEMGに替える、という選択肢を取りました(笑)
だってねえ。使ってないものまで替えても仕方ないし。
いっその事、接続も切ってスイッチもバイパスにしてフロントを鳴らんくしてもいいぐらい。

ピックアップが届くのは週明けだそうで、今からハンダごての先を掃除してます(笑)

これを機会にリプレイスメントピックアップにハマりそうだな・・・
正直、2本あるストラトの片方のリアにシングルサイズハムバッカーを積んでみたいという
欲望は以前からあったので、一気にそこまで行ってしまうかも知れませんねえ。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31