ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

ギターストラップを買い換えた - Worn Leather Strap Black

February 10 2014

恐らく10年ぶり以上になると思うけども、ギターストラップを買い換えました。
Montreux(モントルー)という所が取り扱ってるWorn Leather Strap Blackです。

上が旧ストラップ。下が新ストラップのWorn Leather Strap Black

上が旧ストラップ。下が新ストラップのWorn Leather Strap Black

上の茶色のストラップは、確か適当に入った楽器屋で思いついて買ったもので
近くに公園があったなーという事しか覚えていない。
同じ物があるなら本当はそれが欲しかったのだけれども、それが何かすらわからない(笑)
フェンダーのビンテージストラップならばバックルの所に「Fender」と刻印されてるけど
それでもないし、何よりフェンダーのやつは長さがかなり短かったはずで
ロケンロールなポジションにする事も(たまに)ある自分にはちょいと不向き。

年齢を重ねると「肩が痛い」などという理由でどんどん太いストラップに変わっていく
という、おっさんギタリストも多いと聞きますが僕にとってストラップとは
「革、細い、そして肩パット」というのがデフォルト仕様。
ファンキーなカッティングが必要なバンドでは別のストラップを使っていますが
普段使いはやっぱりこの形でないといかんのです。

サウンドハウスで色々探していて見つけたのがこのWorn Leather Strap Black。
サウンドハウスの販売ページはこちら
値段も手頃だし、レビューでも評価が高かったので発注してみました

届いてみると、サウンドハウスの写真のものとは違って
片方に3つあったストラップ取り付け穴が1つに変更されていたのが残念。
ここが3つあるといざ1つちぎれた時でも安心なのですよ。(経験あり)。

あと、長さ調整のバックルが無段階なのはいいのだけれども
自分の長さだとバックルを後ろに回さないと、肩パットがちょうどいい位置に来ない。
「バックルは前」という頑ななルールが自分の中にあったのですけども
手元に来てしまったのはもう仕方ないので、諦める事にします(笑)
この「無段階調節」ってのもヘタってきたらどうなるかはまだわかりませんが
ステージ上でどんどんストラップが長くなったりするんも困るなあ。

革はそれなりに上等な物を使っているようで、安物臭くはありませんでした。
肩パットも良い具合に柔らかいし、旧ストラップと違って3点支持なのがいい。
旧は2点支持のせいか、いつの間にかパットがズレて前や後ろに行ってて
とっても見た目がかっこ悪い事態が多発してましたので(笑)

白色ステッチが肩パットだけでなく、ベルトにもずらっとあるのも
ちょっと好みではないのですけども、使って行く内に
いずれはこの白さも汚れるかなと思うので、これは様子見。

さて、このストラップが切れる時ぐらいまではまだステージやってるかな。
10年後はどうなってんでしょうねほんとに。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30