ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

極寒 ― 2018年の弾き始めとあの雪の記憶

January 13 2018

今日は2018年弾き始め。キャンディアップルレッドのストラトが今年初の相棒。
場所は昨年の弾き納めだったダブルキングカフェ姫路でした。

もう傷だらけのこのGT-8も13年目になる。
デジタルテクノロジーの世界で13年というのはものすごい古いものだな、という自覚があるものの積み重ねたパッチメモリーをまたイチから作り直す、って事に買い換えの腰が引けたまま。

IntelのCPUに置き換えるとIntel Coreの初代が2006年の1月発表。
・・・・・・・そら進化してますわね(笑)
そろそろコイツも買い換えてみるかな。もう次のエフェクトが生涯で最後ぐらいかもしんないですしね(笑)

ライブにはこの間結婚したばかりの義妹夫婦が遊びに来てくれた。
日本に来て以来、この寒さにやられて3度も寝込んでたという義弟はそれなりに慣れたらしい。

今日はVo,トシさんのバースデイイベントでもあり、イベント曲としてオーティスの「ドック・オブ・ベイ」がチョイスされておりました。
この曲、スティーブ・クロッパーの名オブリが満載の曲であり、若い頃シャカリキ(死語)になってコピーして、コードに対するオブリとはこういう物か!というきっかけになった曲なんですが、今までバンド演奏した事がなかったんですわね。
なので、本日はこの曲がとても楽しみでした。
よーく聞くと弦をピックでこするような音が入ってるんですが、あれは偶然ではなく港のカモメの鳴き声を表現していると勝手に思ってます(笑)

あとは勉強してる奏法を試したりしながら4回ステージ、とても楽しく終える事が出来ました。
お店を出たのが午前1:30頃。
車に乗り込んだら、車外温度計が示す気温は1℃。
どのルートを通って帰るか悩んだけど、星がきれいに見えてたのでいつもの国道372号線をチョイス。

・・・・しかし、篠山市に近づくにつれて積雪と路面凍結が目につく上に雪まで降ってきた。
あの両方の前タイヤを大破させた3年前の想い出がよぎってきます(笑)

降りしきる雪の中にただ一人取り残された日

これ以上山側に進むのはマズイ、と古市の国道176号線との合流地点で南下。
そういえばこの道を走るのは初めてかもしれんなあ、と思いながら三田市へ。
この時点でもけっこう路面は凍結してたんですが、ゆっくりと慎重に。

舞鶴道の三田西ICに入るとほっと一安心。

で、久しぶりに赤松PAに立ち寄りました。

ヘタしたら何十年ぶり?ぐらいかもしれません。
想い出に残ってる赤松PAとは全然違う風景にちょっと驚きでした。
しかしPAの悲しさ。深夜帯は全ての店が閉まっており、ここはトイレ利用のみですぐに離脱。
ちなみに気温は-3℃でした(笑)

あとはスムースに茨木ICまで。
高速降りた瞬間、事故らなくてよかったわという一言が勝手に出ました。
空が晴れてたし星もきれいに見えてたので、いつもの観測ポイントに立ち寄りたかったんやが命とゼニには代えられませんやw

本日の走行ルート。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2018 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31