ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

極寒 ― 今年ラストの演奏とドライブと流星群

December 15 2018

昨年はどうやら家族全員で熱出して苦しんでたこの時期、今年はまだ胃腸風邪っぽいのんだけでなんとか助かってます。
本日はダブルキングカフェ姫路での演奏。
今年はこれで全ての演奏予定が終了という早めの演奏じまい。
本業の方がそれなりにタイトな納品スケジュールってのもあってこれぐらいでちょうど良い。

今年はダブルキングカフェ姫路のサイトリニューアルなどもあり、リスティング広告実験などなど本業の方でも色々お世話になりました。
そして、今日はクリスマス前のライブって事でクリスマスソングをたっくさん。

夕暮れの権現湖PA。ひっそりしていて姫路に行く際はいつもここで小休止。
若干お腹が空いてるような気がせんでもないけども、ここは我慢しておくのが吉。
なぜなら、この季節の姫路のライブはサンタやトナカイという毛布的な衣装で演奏せねばならないからであるw
あんまり食べ過ぎるとあまりの暑さに眠くなってしまうのだ。しかもステージの上で。
循環コードが続く曲とかだと立ったまま寝てしまう可能性もありますので。

今年初めて演奏した曲は稲垣潤一の「クリスマスキャロルの頃には」。
これは今まで一度も演奏した事のないクリソンでしたが、なかなか覚えるの大変なので譜面書きました。
そういえば今年1年で何が一番変わったかというと、PCソフトで譜面を書けるようになった事
3度の「京ノ夜会」で80曲以上の譜面を書いたのでかなり慣れましたしね(笑)
ホンマはこういう形のライブではあまり譜面を見ながら演奏したくないんですが、今回はイレギュラーで。

100名近くのお客さんでとても楽しいライブになりました。
そういえば久しぶりに姫路で歌った気もするなあ。

色々と話し込んで、店を出たのはAM2時過ぎ。
「そういえばふたご座流星群の極大は昨日だったよな」と思い出して下道ルートで。
昨年は三日遅れで7つ確認出来たけど、今年は月も沈んでるしもっと見れるかなと期待しつつるり渓温泉近くの観測ポイントへ。

姫路 ― 三日遅れのふたご座流星群

車外は-3℃。目の前にはどーんとオリオン座。全身で冬を感じるおっさん一人。
しかし、今年は運が悪かったのか4つぐらいしか流星を見る事が出来ませんでした。
あまりに寒いのとライブ後というコンディションで30分ぐらいしか眺める根気がない、というのも原因ですが(笑)

家に帰って、ようやくご飯。そしてお風呂。

布団に潜り込む直前の写真は6時20分。すっかり朝が来てました。

| Posted in 音楽 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2019 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31