ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

Googleがブラウザ用の独自レンダリングエンジンの開発を発表

April 04 2013

制作者にとってはちょっと「えっ!」と構えてしまうニュースが飛び込んできました。

Google、Chrome用の新レンダリングエンジン Blink を開発。
WebKit を元にアーキテクチャ刷新

http://japanese.engadget.com/2013/04/03/google-chrome-blink-webkit/

今までGoogleはAppleのSafariで使われているWebkitが使用されていたんですが
ここに来て独自レンダリングエンジンの「blink」の開発に着手するようです。

Google が Chromium ブラウザのための新レンダリングエンジン Blink の開発を表明しました。オープンソースの開発版にあたる Chromium と、その製品版である Chrome ブラウザは、中核部分に Safari など他社製ブラウザと共通のレンダリングエンジン WebKit を採用してきました。新たなオープンソースプロジェクトとして開発が始まった Blink は WebKit をベースとしつつ、マルチプロセス前提の並列動作など新しいイノベーションを導入して大幅な性能向上を目指します。

先日、OperaもWebkitに切り替わったばかりだというのに
まさかのこの発表にちょっと驚きです。
しかし、今までのSafariのバグフィックスにはGoogle側のスタッフが
ものすごい貢献をしていたらしくて、ここに来て
「もうええ。俺等でやりまっさ」というのもなんとなくわかる気もしますw

http://jp.techcrunch.com/2013/04/04/20130403google-forks-webkit-and-launches-blink-its-own-rendering-engine-that-will-soon-power-chrome-and-chromeos/

目下、WebKitのリビュワーの大多数がGoogleから(95名)で、次に多いのがApple(59名)だ。以下、Blackberry、Intel、Nokia、Samsung、Adobe、Netflixなどが続く。WebKitのリポジトリへのコミットも、その大半はGoogle がやっているから、Googleが脱けたら今後のWebKitがどうなるのか、それを見守っていきたい。Googleの広報は今日、Blinkのチームメ ンバーは今後も“そうしたければ”WebKitに貢献できる、と言ったが、おそらく、そんな余裕のない人がほとんどだろう。

なんにせよ、Googleはあの地図の件からAppleと徐々に距離を置きたいんだろうなあ
という感じがしていた事もあって、色んな「大人の事情」が見える気が・・・

僕達、一介の制作者にとって、なるほどと思うのが

1. WebKit ベースならわざわざフォークさせず、オープンソースのWebKit本流に還元しろ。
2. いまさらまた互換性テスト対象を増やす気か (せっかくOperaも陥落して WebKit ばかりになってきたのに)。

という部分。
ああ、また互換性という名の元のテストが増えるのかなあ・・と
ちょっと憂鬱な気分になったり。

とはいえIE6の時に比べたら全然マシになってますけどね。
さて、この新レンダリングエンジンがどんなものになるのか楽しみです。

| Posted in ブラウザ | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30