ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

さらばNECカシオ!スマートフォン事業から事実上撤退へ

July 31 2013

前から色んな記事が出ておりましたけども、ようやく正式に発表されてしまいました。

携帯電話事業の見直しについて
[browsershot url=”http://jpn.nec.com/press/201307/20130731_02.html” width=”530″]

具体的には、本日付でスマートフォンの新規開発を中止し、現在販売中の機種をもって生産および販売を終了します。なお、スマートフォンに関する保守は引き続き行います。また、従来型携帯電話機の開発および埼玉日本電気株式会社(本社:埼玉県児玉郡神川町、代表取締役社長:井上武俊)での生産は継続します。埼玉日本電気については、従来型携帯電話機の生産に加え、社会ソリューション事業で活用します。なお、当社が行っているタブレット事業については継続します。

思えばカシオ携帯との付き合いはW62CAからでした。
まだ防水、そしてBluetooth搭載の携帯が少なかった頃に出てきたG’z Oneブランド携帯。
アウトドア志向とはとても言えない僕ですが、防水とBluetoothに惹かれて
この機種に機種変更しました。

もちろんKCP+のもっさり度には呆れ果ててしまったのですけれど
アカンもんでも使っているとそれなりに慣れてしまうもので
3年以上使っていると、もうそれが普通になってしまうもの。
他の携帯を触る機会なんてそうないので、それが余計に拍車をかける(笑)

そして満を持して出てきたG’z Oneスマホ「IS11CA」。
スマートフォンが出始めの頃で、何も知らなかったので発売日に機種変更。
「それしか知らない」強みでずっと使ってきたのだけれども
タフネスを売りにしてるくせに毎年故障するという情けなさ。
そして代替え機を使った時に知る、自分の持ち物のダメっぷり。

2年たった今、現行G’zスマホであるCA001に機種変更をするという道もあったのだけれど
スペックをすでに読めるようになった今は、ちょっと変える気がしない。
そして先々月に久しぶりのSONY機であるXPERIA ULに機種変更。

その矢先にこのニュース。
せめて、新しいG’zスマホを見届けたかったんやけど仕方ないですわね。

「スマートフォン事業」からの撤退って事は、もしかしたら
ガラケーの開発は続けていくのだろうか。
とはいえ、ガラケーの方が開発費もかかるという事らしいですし、
現在のショップのディスプレイを見ても、ガラケーは本当に隅の方に置かれてて
それに集中するのもなかなか難しいでしょうなあ。

NEC、日立、そしてカシオブランドが一気に消えるという寂しさ。
docomoの「ツートップ戦略」で「ハシゴを外された気分」と口にしていた
ツートップから外れたメーカーの人もいらっしゃるとか。

G’z Oneなんかはもうブランドとして成り立ってる感はあるし、
欲しい人もけっこういると思うんで、ぜひ継続できるならして欲しいですね。

長い間、本当にお疲れ様でした。

| Posted in Android・iPhone関連 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30