ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

40年 ― 動かぬコーナーセンサー、ワンタン麺と惨劇の跡地

February 16 2019

車関連のバタバタはまだ継続中。
何やら契約時のミスって事でもう一度書類にサインだけをしなければならないらしい。
それだけの為に出向くのもアホらしいんで、郵送でやり取りするって事も考えたのだけども出向くからにはなんぞ車を見てもらおうと。

1つだけ何なのかわからんスイッチがあったんですわね。
今回購入した車には取扱説明書が付属していなくて確認する事も出来ず。(後日ヤフオクで落札してGET)

見つけた状態ではOFFになっていたこのスイッチ。
オンにしても何が変わったのかよくわからん。

検索した結果これはどうやらコーナーセンサーのスイッチという事が判明。
障害物に近づくとブザーで知らせるってやつね。
へー、と思って改めてバンパーを見てみると、なるほど確かにセンサーついとるわ。

今まで支障もなく運転出来てたので、別になくてもええっちゃあええんやけども「付いてるスイッチが動かない」という事実自体がなんか腹が立つというこの難儀な性格が災いして、どうしてもこいつを治さないと気が済まない。

「出向くかわりにこいつを治してもらお」という交換条件を出して、そして気になってたワンタン麺を食べて帰るという予定で動く。

さて、実際にカーショップに到着して署名は一瞬で終了。
しかし、整備担当者がインフルエンザで先ほど帰宅させた、と。
ほんまかいな、と思いつつ「あ、そう。でもちょっと見てみて」と全然聞いてない体でコーヒーを優雅に頂く。

きっと販売の担当さんなんやろな、と横目で見てるとめっさパソコンで検索してたので「こりゃ治らんね」と静かに首を横に降る僕。
汗かきながらディーラーさんに電話してくれたりと色々やってくれたのだけど1時間ぐらいしてこっちから「もうヨロシわ」と。

ちょうど昼時。前に見かけたワンタン麺のお店に一目散。

この「丸醤屋」さん、うどんの「丸亀製麺」と同じ会社が展開するラーメンチェーンだそうで。
しかし、公式サイトを見てもワンタン麺のワの字も出てきません。
今回訪れた住之江店も以前はこういう写真だったそうで。

と言う事は随時、ワンタン麺店舗にシフトしていくって事なのかもしれません。

今回オーダーしたワンタン麺はこちら。大粒で肉もしっかり入っててワシ大満足。
スープはあっさり目の背脂醤油なのでとても好み。
今の所、大阪にはこの住之江店しかないって事なのですが近くに出来たら通ってしまうかも。
でもなあ、公式サイトにも反映されてないってこっちゃし、あんまやる気ないのかもしれません(笑)

店を出て「あ、そうだ。ATMでお金をおろしておかなきゃ」と検索をかけてみる。
一覧に出てきた1つに「三菱UFJ銀行 北畠支店」の文字が。

北畠支店・・・・ってもしや、あの?

1979年に起きた「三菱銀行人質事件」の現場になった所でした。
詳細は「無限回廊」さんのコンテンツが一番詳しいので知りたい方は参照を。

建物はあの事件当時のまま、現在も使用されているとの事です。
確かに支柱が同じ位置にありますね。

子供心に強烈に覚えているこの事件。テレビはずっとこの事件を中継してましたね。
たまたま近くにいた偶然とはいえ、自分がこの場所に立つ事になるとは。

帰宅してから当時の映像をYoutubeで見たりしたのですが、建物の周りだけがすごい変化してますね。
期せずしてちょうど40年。40年の歳月が流れてしまうと、もう半分以上の利用者はそんな事件があった事を知らないのかも。

土曜日なので営業はしていませんでしたが、ATMコーナーは開いていました。
その入口は犯人が侵入し、警察官が射殺された場所。

背筋にひやりとした物を感じながらお金を引き出してすぐにここを去りました。。

P.S.

コーナーセンサーですが。
帰宅して「もしかして」とこのスイッチ部分を外してみたらスイッチ裏のコネクタが外れてただけでした・・・
コネクタを挿したら復活しました(笑)なんやねーん!!アホくせえ。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2019 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31