ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

回想 ― 大分出張の際のホバークラフトの想い出

July 23 2019

先日のライブの時に過去の仕事仲間が集まって昔話をしたからか色んな事を思い出す。
あの時もWeb日記は付けていたのだけれども、その時はCGIツール(ブログはまだなかった)で公開していたのでこのブログにインポートすることも出来ない。
しかし、ファイルは全て手元には置いてある。

その中でも強烈に思い出したのが大分出張の際に乗ったホバークラフトの事。
小さい頃から図鑑なんかで見ていてそういう乗り物があるとは知ってたけれど、実際に見る事はなかったんですな。
大分に出張した時は伊丹空港から大分空港に飛んだのだけど、その時にはまだ空港から大分市内まで移動用のホバークラフト路線があった。
国内唯一だったその路線は2009年を持って廃止されてしまい、今では国内に稼働しているホバークラフト路線はない。

確か1回目の出張の際には乗れなくて、2回目の時にようやく乗れたはず。

ファイルを検索してみるとどうやらそれは2005年2月2日の出来事だったようだ。
画像データはなんらかのミスで消失していたけれどHTMLで文章だけは残っていた。

南国のはずの大分なのに、空港は雪が積もって真っ白だし。

と書かれていたので、大寒波だった様子である。
きっとバスもまともに動いてなくてそのホバークラフトを選択するしかなかったのかも知れぬ。

あの当時はガラケーでも動画は320ピクセルとかでしか撮影出来なかったが今ではYoutubeで色んな映像が見れる。

この地上をドリフトして進んでいくのが当時も驚いていた様子で

しばらくしたらエンジン入った。
「ぶわーーー」と浮き上がる船体。ちっとうれしく思ったが、次の瞬間!
ホバークラフトってどうやら地上ではまっすぐ進まんらしいのね。
海面に行くまでにドリフト(ほとんど旋回)して蛇行しながら進む船。

なんか納得いかんのですがw

海面に突入するときはさすがに「おおー」と思いました。
あんまこういう経験できないんでねえ。

と、当時34歳の自分は日記に記している(笑)

船やと思ってたのが地上から乗り込んで、しかもドリフトして海面に突入するというのが新鮮でした。
しかし、乗り心地は最悪。そりゃ海面を跳ねながら進むわけですからね・・・

内部の映像がないもんか探してみると・・・

そうそう!こんな感じでグワングワン揺れてましたわ。

過去日記には

海に躍り出たホバークラフト。
すげえ縦揺れに初めて乗ったSHADY氏も黙りこくる(笑)
こりゃ腹一杯食ってたら絶対吐いてますぜ。

どうやらSHADY氏(現Bar Tideマスター)は帰りの便で初めて乗った様子。
25分間のヘドバン強制はさすがにしんどかった模様である。

日記によるとこの日、大阪に帰ってそのまま祇園に移動してライブをやっていたらしい。
しかも当時は車を持っていなかったので、電車移動。
ライブ後、始発待ちしてから電車で帰宅してたからなんとも恐ろしいスケジュール。

ホバークラフトは現在、軍用としての運用が進んでるみたいですね。
今では戦車まで運べるようになってるとか。
民生用としてはメンテナンスコストがかかりすぎるのが難点ですけども、またどこかで乗ってみたいもんです。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Aug 2020 September 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30