3月に3億円事件についてのエントリーを書いたのだけれども
色々と関連する書籍やサイトなどを読みあさっていて、だいぶと事件の輪郭が
つかめてきた矢先に「好きそうなマンガあるよ」と教えてもらったのが
この渡辺潤さんの現在も連載中である「モンタージュ」。

冒頭から登場するのはなんと軍艦島じゃないですか!
Web制作に関わりだした頃にFLASHサイトとして有名になった
「軍艦島Ver3.0」(http://www.gunkanjima.com/)を見て以来
[browsershot url=”http://www.gunkanjima.com/” width=”530″]
その廃墟となった炭鉱島にずっと想いをはせてきた自分にとっては
一気にこのマンガの世界に引きずり込まれてしまいました。

2009年に一般公開が開始されたのを知っていますけども
いつかは漁船をチャーターして上陸(当時はこの方法で上陸する人が多かった)
することを夢見てた自分にとっては、ちょいと寂しい気持ちになったなあ(笑)

マンガをずっと読んでいて「どっかで見たことある絵だなあ・・・」と
思って、作者の渡辺潤という名前を見てまた驚きました。

これって、あのタイムスリップヤクザマンガ「代紋Take2」の人やん!

このマンガも大好きで、全巻読破しております。
完結の仕方はまあちょっと言いたいこともあるんですけども(笑)

今回、この「モンタージュ」は原作者をつけずに渡辺氏一人でやってるんですねえ。
次から次へと色んな出来事が起こり、誰が敵か味方かわからない展開は
馳星周好きな自分にはたまらないストーリー展開なのですよ。

今現在、コミックスは12巻まで出ていますけどもこれからが楽しみです。
かといって、ヤンマガを毎週買う気はしないんですけども(笑)