ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

成長の証 ― 6年ぶりの焼き肉店へ

June 04 2016

子供が生まれてもうすぐ6年になる。
生まれてからは外食となるとまず「子供が食べれる物があるか」
「走り回るのをきちんと封じ込めれるか」とか、まずそれを考えないといけない。
もう一人生まれた時には「いざという時に寝転がしておけるか」などなど
色んな制約が生まれてくる中、さまざまな試行錯誤を繰り返してきました。

まず、その中でベストだったのは「座敷がある場所」である。
それプラス、子供が何とか食べれる物という事で採用されたのが
「餃子の王将」「和食のさと」などのチェーン店。

下の息子がある程度大きくなるのと同時に
やたらとサイドメニューに力を入れだした「くら寿司」が
わが家族にとってはベストチョイスだったんだけども、
6歳と3歳であればここ最近の流行である
「焼き肉オーダーバイキング形式」の店ならいけるんではないのか、と。

焼き肉は子供が生まれる前以来、そして自分が胆嚢切除した事もあり
実に6年以上ぶり。そして家族ではセンバツ初出場である。

というわけで行ってみたのが「焼き肉のでん 桂本店」。
でんは結婚してまだ子供が生まれる前に数回行った事があるものの
(過去ブログによると2008年8月24日に川西店に行ってるっぽい)
その時はまだオーダーバイキング形式ではなかった。
ここ最近の流行を受けて、でんもこの形式に変更したのかもしれない。

ジュース、アイスのバーもあり、サラダバーそしてカレーや
ついでにはマシュマロチョコフォンデュマシンや綿菓子機まで装備されており
チビらのテンションはほぼマックス。
6歳の娘に至っては「なんでもっと早く連れてきてくれなかったのか」と
ダメだしを食らうほどのすげえテンション。

ただ、まだやっぱり焼き肉は早かったみたいで
どちらのおチビもハラミですら飲み込めない様子でした。
なのでサイドメニューとお寿司、そしてサラダがメイン。

そういえば自分はいつぐらいから焼き肉が食べれて、それが嬉しくなったんだろう?
そんな事はとっくに忘れてしまったけども、このお店みたいに
寿司まで頼めて綿菓子まで食える「なんでもワンダーランド」形式には
もうしばらくお世話になるに違いない。

なんといっても小学生以下は大人料金に含まれるので
「家族4人だが大人二人料金で可能」ってのがいいね(笑)

でも、昔ほど肉を腹一杯食べれなくなってた事に、
やっぱり胆嚢を取った事、そして年齢を感じてしまうのでした。

「焼き肉のでん」のメニューはこちら。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Nov 2017 December 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31