ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

始業式 ― 初の「親達の冬休み」ようやく終わる

January 09 2018

本日は始業式。子供が小学生になって初の冬休みが終わる。
家で子供達だけでお留守番させるわけにはいかない、というわけで色々と予定の割り振りをして乗り越えたが、終わってみるとなんやかんやと楽しかったなで終わったと思う。
子供!って部分で困ったりする事はほぼなくて、なんやおい大人びた事を・・・と驚いたりするのも子供達がもう「幼児」ではなくなりつつある証拠なのだろう。
こっちの心配が思い切り空振りして舌打ちする間もなく、次のボールが投げ込まれる様な感覚を何度も味わった2週間でありました。

何より久しぶりに保育園や小学校に向かう事に対して嫌悪感とか出てたらどーしよなんて心配も、所詮タダの親バカの思い過ごしだった様子。
二人とも元気に手を振って玄関から飛びだしていった。
一人残されたので、久しぶりにゆっくりと作業に打ち込む事が出来た。
「お父さん、あの(ゲームの)ボス倒して~」と呼びに来られていたのがもはや幻想だった様な気もする(笑)

とはいえ、始業式なので長女は2時間もすりゃ家に帰ってくるわけですよ。
給食も出ないですしね。

「おなかすいた!」の声に「昼ご飯なんか食べたいもんある?」と聞くと
「きのこのクリームパスタ」「ハア?」

スパゲティという大きなくくりではなく「調理カテゴリ」までを指定してくる小学1年。
でもこれもずっと小さい時からご飯作るとこ見てたり、お手伝いしてもらったりの成果かな。

ほい。冷蔵庫の中にうまいこと材料ありましたぞ。

二人で昼食を食べてゆっくりしてると、長男と嫁さんが帰ってきた。
今日は火曜日なのでサッカー教室の日。
始業式の日程と重なっているからか、いつもより早めの14時30分からでしかも場所も芝のサッカーコート。

この写真を撮影した直後に雪が降ってきて、エラい責められました。

明日から春休みまでは我が家も通常のサイクルに戻ります。
あ、そういえば初詣行かなかったな。
自治会主催の餅つき大会もなくなってしまったのでなんとなくお正月って感じがしなかった冬休みでした。

| Posted in 日々雑記 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Mar 2018 April 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30