ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

02 ― 「狭心症:手術」 腕の中をうごめくカテーテルの感触の巻

February 10 2020

なんだかんだと疲れたせいなのか、まあまあ眠れたっぽい。
AM6時になると強制的に部屋の灯りが点くこの病院。

これは点滴をコントロールするポンプ。
中身をちゃんと聞いてませんでしたが、今は2種の点滴が身体に入ってるそうで。
もちろん心臓の検査、という事なので心電図用の物も身体にたくさんついてる。

朝食は絶食。軽く水などを飲みながら午前9時を待つ。

カテーテル検査の開始

9時になると車椅子に乗せられて、レントゲン室がたくさんある所に連れて行かれる。
カテーテル検査は初めての経験なので、一体どういう所でやるんやろととても不安。

液晶モニターが7台ぐらい並んでいる前にかなり細めのベッドがある部屋に到着。
その治療台に車椅子から移った途端に色んな布を被せられて、どんどん準備が進んでいく。

たくさんの人が一気にやってきて手早く色んな事をすますもんだから、真ん中の自分はあっという間に取り残される。
気がつけば「右手を出してください」と言われてそこに麻酔の注射が。

そこから動脈に管を通されて、撮影用のカメラが入って行く。
そういう場面はなるたけ見たくないので目を閉じて、大きく深呼吸してたんやけども明らかに胸の辺りになにかチクチクと動く物が・・・

「検査してますよー」と先生が声を掛けてくれるのに対して、なんとか「はい」と返事は出来た。

冠動脈の狭窄を発見。そのまま治療に・・・

2人の先生が「あーーー」と声を上げるのが聞こえた。
「やっぱり詰まってましたね。昨日病院に泊まって良かったかも」と。

ちなみに#7の動脈が本来の太さの1割程度しか稼働してなかったとの事。
ここが詰まってしまえばそらその先も全部壊死して・・・・心筋梗塞よなあ・・・

検査はそのままステント治療に移行するとの事。
こちらからしたらただじっとして動かないようにして、目を閉じてスーハーしてるだけですが、
二種の薬をかみ砕いてください、と言われたのでそうする。
右腕をじっと固定させておく事がそれなりに辛いのと、あとは麻酔していてもやっぱり痛いのな・・
太い管が入ってるわけやし・・・

「終わりました」と声をかけられたのはそこから40分後ぐらい?だったかな。
カテーテルの管を右手から抜く時がめっちゃ痛くて一度ストップしてもらった。
再度麻酔を増やしたのか、やり方変えたのかは忘れたけど無事にカテーテルは抜かれて、右手はこんな感じに。

HCUに戻った時の写真。カテーテルを刺してた所に空気圧がかけられている。
動脈なために、こうして圧力をかけないと血が噴き出してしまうそうな。
この圧力を少しずつ抜いていく事で傷口が塞がるのを待つとの事。

長い長い午後のはじまり

左手には点滴が刺さり、右手には空気で圧力がかかり、身体のあちこちには心電図のためのセンサー設置。
もちろん、ベッドからは動き回れないのでトイレは尿瓶で行う事になる。
・・・・まだ尿管通されるよりは・・・マシだ。あの痛みは出来れば避けたまま死んでいきたい(笑)

昼ご飯は柔らかめのおにぎりにしてくれていた。なので左手を使って食べた。
そして術後の経過が良いそうなので、HCUから一般病棟に移される事になった。
これで点滴連れて動き回れるか?と喜んだのだけれど、術後は心電図のモニターが必須だそうで。。

夕食前には右手の空気圧がゼロにまで抜かれた。それで出血もなし。
カテーテルいれた所は麻酔が切れてくるとさすがに痛いけれど、腫れはないので経過は良いそうだ。

さて、このまま今夜は寝て、朝になれば全ての物が取れて歩けるようになり、そのまま退院っと!
うん、思った通りのスケジュールやし、しかも心臓の悪い部分は見つかったし治療も出来たし!

きっとこの日の夜はよく眠れたんじゃないだろうか・・・

| Posted in 医療・健康 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Jan 2020 February 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29