ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

09 ― 「狭心症:横紋筋融解症」 CRP値と実際の痛みがクロスするバランス

February 17 2020

今日は月曜日。
カテーテル検査・手術からちょうど1週間って事になる。
この1週間、まさかの心臓の血管の詰まりからのこんな展開になるなんて誰が予想したろう。

狭心症、心筋梗塞、カテーテル、スタチン系、横紋筋融解症、CRP、そんなキーワードがこの「ハナモゲラボ」に並ぶ事になるなんて(笑)

それと同時に己の身体が確実にヘタっていってるという現実。
でも、この新しいキーワード達と真剣に向き合わなければならぬ。
なぜなら、これは今自分の身体に起こっている事そのものだから、だ。

今日の朝の血液検査の結果、CRP(C反応性蛋白)の値がいよいよ、1.9にまで下がったらしい。
看護師さんに後学の為に実際のデータを見せてもらうと、再入院してきた日には9.6あった、と。

ちなみに10を超えると、臨床的になんぞおかしいのは確実という数字。
再入院してきた時はもう両足が痙攣を起こしてたので、そらこんな数字になるでしょうな。

しかし、正常値は0.3という事らしい。
今の1.9という数字も「経過観察」すべきらしいのですな。

足の痛みは確かに無くなってきているし、歩けるようにもなってはきてるけど
ここらで通常の生活負荷(例えば歩いて買い物行く、とか)を掛けていかないとアカンのではと。
病院に入院していると、行動範囲も狭いしメシも勝手に出てくるし、なんでもやってくれはるし・・・

足の筋肉の痛みは全体にうすーっく残っていて、強く触れると痛い。
このうっすらとした痛みが数値を1.9に押し上げているのかもしれんが・・・

というわけで、一旦この数値と痛みのクロスバランスで退院してみます、と主治医の先生に告げる。
幸いにして、薬の副作用という事は主治医も理解してくれており、PMDAの「医薬品副作用被害救済制度」を利用してくださいとの言葉も頂く。
(但し、判断するのは病院ではなくその機構な事をご理解ください。と言われたんで若干イヤな予感もする)

本日の病院食(夕飯)
退院を祝福するかの如く、なかなか珍しい揚げ物とウスターソースという組み合わせ。

とりあえず・・・明日はお風呂に浸かりたい。
そして、数時間はギターのリハビリもしなきゃならないだろう(笑)

日常生活に戻ったら色々と埋没していくように、この痛みも消えていってくれるのだろうか。

| Posted in 医療・健康 | Comments (2)

2 Comments

  1. 通りすがり
    Posted 2020年2月18日 at 12:40 PM |

    久しぶりに来てみたら大変なことに・・・
    ご家族もさぞ心配でしょうに
    後遺症が残らないことを遠いところより願っております

  2. Gaku@管理人
    Posted 2020年2月21日 at 10:08 AM |

    そうなんです・・・
    人生、何が起こるかホンマにわかんないですわ・・

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Sep 2020 October 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31