ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

MRI検査に行ってきた。そして知るDICOM形式。

June 25 2013

前回の半月板損傷であろう、という診断を確実にするために
今日はMRI検査に行って来ました。
いつも行ってる整形外科では設備がないので、放射線専門でやってる
クリニックに紹介状を書いてもらってそこでの検査。

MRI検査自体は昨年、胆嚢摘出の時にやってるのでこれで二度目。
とはいえ、あの検査着に着替えさせられて、
放射線マークが書いてあるあの物々しい扉をくぐるのは
あんまりいい気持ちはしないのだけれど。

今回は右膝だけの検査なんで、あのでっかい機械の中に
すっぽり入らなくてもよくて、胸から下だけで済みました。
あのとてもデカイ不快な音も今回は音楽が流れるヘッドホンを付けてくれたので
気分よく検査を終えることが出来ました。

帰り際にCD-Rをくれたのですけれども、
そこの注意書きに「データはDICOM形式で保存されています」と書いてあった。
DICOM・・・?初めて聞いたぞそんな形式。
拡張子の名前でもなさそうやし・・・・と調べてみたら「ダイコム」と読むらしく
Digital Imaging and Communication in Medicineの略だとか。

http://ja.wikipedia.org/wiki/DICOM

それ専用のビューワーもあるらしいんだけれど
素人が見てもどうせなんもわからんだろうという事、そして
その画像を見てしまったお陰で、色んな妄想してしまうのも嫌だったんで
今回は見ずにそのまま医者に持って行こうと思います。

いずれにせよ、検査結果出るのが7/1。
そしてその日からリハビリの開始(肘に関しては再開)です。

あー、どうなんのやろこれ・・

| Posted in 医療・健康 | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Oct 2017 November 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30