ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

氷室京介氏の実家が放火されるという恐ろしい事態に

March 11 2013

1971年生まれの僕にとってBOØWYはまさに社会現象でした。
自分は「Beat Emotion」から入った遅めのファンですけれども
ギターやドラムはほぼ完全にコピーしてるぐらいの入れ込みようでした。

解散してソロになってからの作品は正直ほとんど聞いてないに等しいのですけども
まさかこんな形でVo、氷室京介の名前を聞くことになろうとは・・・・

「氷室京介の家に火つけた」 女が自首、放火容疑で逮捕
http://www.asahi.com/national/update/0311/TKY201303110558.html

ミュージシャン氷室京介さん(52)の群馬県高崎市の実家に火をつけたなどとして、高崎署は11日、前橋市天川大島町1丁目、無職倉田美紀容疑者(37)を現住建造物等放火の疑いで逮捕し、発表した。出火後、「氷室京介の家に火をつけた」と、同署に自首してきたという。

同署によると、倉田容疑者は11日午前5時50分ごろ、高崎市倉賀野町の氷室さんの実家に火をつけて半焼させ、隣接する無職男性(63)方約35平方メートルを全焼させた疑いがある。

倉田容疑者が火災の約10分後、車で署を訪れた。同署は、氷室さんの実家の北側にガソリンをまいて、火をつけたとみている。

幸いな事に死人は出なかったんですけども、氷室氏の母親が腕を骨折されたとか。
それにしても早朝にガソリンを撒いて放火、って明確な殺意がないと出来ない気が・・

取り調べの最中に鼻歌を歌い出す、など意味不明な言動をしているとの
報道もみかけましたけども、責任能力うんぬんって話になるんですかねえ。

恐らくこの犯人はファンだと思うんですが、
なんでこういう事になってしまうんでしょうかねえ。

有名人である事、というのはこういった命のリスクもあるという事を
まざまざと思い知らされます。

スピッツの草野マサムネ氏のファンにも通常では理解できない行動をするのがいたり
猿岩石の有吉氏に粘着する通称ミザリーもネットでは有名ですけども
正直本人の立場になってみたらかなりのストレスでしょうね。
勝手に話が進んで、勝手に思い込んで、勝手に怒り狂ってるわけですけども
実際にはなに一つ起こっていないって事が粘着している本人には認識出来てないから
余計に話はややこしくなるわけです。

ネットでよく見かける慣用句として

まさかとは思いますが、この「○○」とは、あなたの想像上の存在に過ぎないのではないでしょうか。

というのがありますけども、これは「Dr 林のこころと脳の相談室」という
人気サイトを運営している精神科医の林先生の名台詞。

ここのQ&A集はもうぶっ飛びすぎてて読んでる内にこっちが打ちのめされてしまう
危険があるほどのものばかりです。

たとえばこの「プロ野球選手と恋愛関係にあると言い張る友人」のケースが進行すると
有名人達に被害を加えるようになるんじゃないのかな、と思います。
有名人じゃなくても、この手のケースはネット上ではよくありますから
林先生の最後の締めの言葉を借りて「テキトーに話を合わせておく」のが
無難なのかも知れませんけども、被害に遭う側はたまったもんじゃありませんよね。

それにしても死人が出なくて本当によかったです。
世の中、どこに危険が潜んでいるかわかりませんなあ。

| Posted in ニュース | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« May 2017 June 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30