ハナモゲラボ / 試行錯誤の実験人生

日々、PCや各種デバイス、楽器等に翻弄されながら電脳の森をさまよう男の日常と様々な実験をさらりと記しております。

17歳はどこにも行けない - 札幌高2殺人事件

October 03 2014

なんとも凄まじい結末となってしまった札幌の殺人事件。
祖母と母親が殺されていたこの事件ですが、高校2年生の娘による犯行でした。

この家庭は過去に虐待で児童相談所が介入しており
当時幼稚園児だった娘は一時保護されていた事もあるらしい。
祖母、母、そして娘二人の女性だけの家庭は、普通とはかけ離れた状態だったのだろう。

ツイートの後に、包丁の絵文字が15個も 母親と祖母殺した女子高生の「恨み」
http://www.j-cast.com/2014/10/03217616.html?p=all

それにしてもちょっと頭に来るのがこの事件に対してコメントしてたテリー伊藤氏。

http://www.j-cast.com/tv/2014/10/02217387.html?p=all

 キャスターのテリー伊藤「こういう事件だと、少女をかばいだてするかもしれないけど、そんなに家族が嫌だったら家を出ればいいんですよ。17歳はいっぱしの大人なんですから。立派な家に住まわせてもらい、留学までさせてもらい、感謝しなければいけない。本当にどういう子なんだと思いますね」

あのなあ・・・・17歳高校生、未成年の女の子がいったいどこに逃げれるってんだ。
ちゃんと世の中に筋を通そうとすれば何をするにもすべて保護者の承認がいるんだよ普通。
それを回避しようとするならば、それこそ大人達の食い物にされかねないのに。
「いっぱしの大人」なんて言うけど、まともに家すら借りれないのが現状よね。

自分も家を早く出た方だったけど、未成年って事で最後には親のハンコもらってこいと
言われたんで、仕方なくもらいにいったもの。
「もう全部金も払って決めてる。だからハンコだけごめんやけど押して」ってさ。
あの時のなんとも言えない悔しさ、そしてみじめさったらなかった。
なんで今、自分は未成年なんだろうって真剣に思ったもの。

あと3年、耐える事が出来ずに全てを消し去ろうと思い詰めてしまったその気持ちを
僕はとても悲しく思うし、また少しだけは理解出来る気がする。
どこにも行けないもどかしさが募るのならば、短絡的に目の前の障害を取り除こうと思っても
17歳という年齢なら仕方ない気がするんだが。
「逃げ出せば全てが解決する」とはいうが、それで何でも解決するならば尼崎の角田事件なんて
凄惨な連続殺人なんて起きないわけで。

とはいえ殺人という行為を肯定したいわけじゃありません。
こういう結末でしか現状を打破できなかったその環境に
ただただ空しさを覚えてしまうんですよね。

悲しすぎる事件です。
そしてテリー伊藤氏は想像力と現実をリンクさせる努力をした方がいい。
まさか「身体を売ってでも生きていける」とかそんな事思ってたんやないとは思うけどさ。

| Posted in ニュース | Comments (0)

Post a Comment

※メールアドレス、URLは任意入力です。メールアドレスは入力しても公開されません。

« Apr 2017 May 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31